どんな日も、どんな時代も、そばにある。

三条教区・三条別院 | 浄土真宗 真宗大谷派
三条教区・三条別院 | 浄土真宗 真宗大谷派

「『歎異抄』に聞く」を聞く
TANNISHO

2020年3月29日

「『歎異抄』に聞く」を聞く

列座が『歎異抄』を香月院深励に聞く

新型コロナウイルス感染症のため、せっかくなので香月院深励を読もう!

3月、4月は新型コロナウイルス感染症が収束の目途が立たず、宗祖御命日が内勤めとなり、法話は中止となってしまいましたので、『歎異抄』第8章と第9章は別院列座で講究し、その成果をHPにあげます。列座はみな大谷派教師で、真宗学の基礎は学んでいますので、せっかくなので本格的に江戸時代の講師の香月院深励の註釈を紐解いていくという試みを行いました。時代錯誤かもしれませんが、仏教には「時代に呑み込まれない」という良さもあると信じています。試みに3月は斎木が担当し、4月は廣河が担当します。本文を全員で拝読した後、担当者が香月院の註釈を読み、典拠を確認し、全員で講究するという流れです。
○日時:3月28日 宗祖御命日日中法要後 旧御堂にて『歎異抄』第8章講究
○担当:斎木
○出席 斎木・松浦・廣河・小原・関崎

【『歎異抄』本文】
一 念仏は行者のために、非行非善なり。わがはからいにて行ずるにあらざれば、非行という。わがはからいにてつくる善にもあらざれば、非善という。ひとえに他力にして、自力をはなれたるゆえに、行者のためには非行非善なりと云々
(『真宗聖典』629頁)

【講師について】

香月院深励 大谷派第七代講師。寛永2(1749)年~文化14(1817)年。越前の碧雲寺生まれ、永臨寺に入寺。高倉学寮で慧琳および随慧に学び、豊山の智道・仁和寺の龍山等について倶舎・唯識・華厳・天台等の余宗の教学を学んだ。寛永2(1790)年擬講に補せされ同5年嗣講に進み同6年講師となり、香月院と号した。時に46歳。『歎異抄』の講義は数回行われているが、代表的なものは享和元(1801)年越中富山の永福寺で一カ月かかって終了した講義。写本の一本が明治32年『歎異鈔講義』(京都護法館発行)の題名で刊行され、またべつの筆者本が『歎異鈔講林記』(『真宗大系』第23巻・第24巻)の名称で刊行されている。(曽我量深『歎異抄聴記』文庫版の解説参照)
今回は、三条教区教化センター所蔵の『真宗大系』本をテキストとして、講究を行った。

 

【『歎異抄』註釈】『歎異鈔講林記』下(『真宗大系』24巻、71頁)

テキストは片仮名表記であったが、平仮名表記に改め、文中の漢文は訓読し、句読点は適宜補った。

念仏は行者のために非行非善なり等。四に非行非善を明かす。此の一章は念仏は他力の行なることをあかす。これも「念仏勝徳を明かす」の中の一章にして即ち上の章と同じく念仏にまさるべき善なきがゆえにと云う処を成立する一段なり。非行非善と云ふは「信巻」に大信海を讃嘆する処に非行非善と云う言あり(1)。『六要』の釋首書に引くがごとし(2)。『六要』のこころは「信巻」の信心を明すゆへに信心にして行にあらず。信と行と相別る。故に信心にして行にあらず。又善根にあらずと解すといへども、これは『六要』の一義とすべし。信巻の御言は大信心海を讃嘆する言なり。信心は信にして行にあらずとは知れたることなり。何ぞ讃嘆と云ふにもあらず。たとへばあれは白きものなり黒きものにあらずといへばとてこれ讃嘆の言にあらず。或いは向を飛ぶは烏にして鳶にあらずと云ふはこれ体を指すに言にして讃嘆にあらず。今は此鈔を以て「信巻」を窺ふべし。信心と念仏とはかはりありといへども、他力迴向と云ふ処は同じことなり。
〇行者のために等。此の行者のためにといへる処肝要なり。念仏は行者のためには行にあらず善にあらずと云ふは行者の方より言へば非行非善なり。云何(いかん)となれば我がはからひにて我が造りたる善にあらず我が修したる行にあらず。故に非行非善といふなり。これで讃嘆の言になるなり。念仏は行なり善なりと云へども自力を以てこしらへてたてたる行にあらず善にあらず。如来廻向の他力の大行大善なり。常に云ふ念仏は不廻向と云ふと同じ。念仏に回向の義なきにあらず。「真実信心の称名は弥陀廻向の法なれば」(正像末和讃)等といへるごとく、念仏は弥陀の回向なるゆへに行者の方より廻向するにあらず。故に不廻向といふ。今亦爾(しか)り。念仏は他力の大行他力の大善大功徳にして凡夫自力の行自力の善にあらず。故に非行非善と云ふなり。ひとへに他力にしてとは他力回向の法にしてと云ふことなり。是れ即ち讃に「弥陀廻向の法なれば不廻向となづけてぞ自力の称念きらはるる」とのたまふがごとく、他力廻向にして自力を以てこしらへたるにあらず。故に行者のために非行非善と名く。此一章も亦、念仏功徳の勝れたるを述ぶ。これ他の善も要にあらず念仏にまさるべき善なきがゆえにと云う処を成立しをはる。

【香月院の註釈の典拠とその方法論】

香月院の註釈は『歎異抄』の語句は基本的には『教行信証』で典拠を確かめ、さらに『教行信証』の最古の註釈である存覚の『六要鈔』にて意味を確認するという文献学に基づいた方法をとっている。当然、その他にも語句の意味は大蔵経等により経典の原典にあたり註釈を行っている。

(1)『教行信証』信巻(『真宗聖典』236頁)

真実の信心は必ず名号を具す。名号は必ずしも願力の信心を具せざるなり。このゆえに論主建めに「我一心」と言えり。また「如彼名義欲如実修行相応故」と言えり。
おおよそ大信海を案ずれば、貴賤・緇素を簡ばず、男女・老少を謂わず、造罪の多少を問わず、修行の久近を論ぜず、行にあらず・善にあらず、頓にあらず・漸にあらず、定にあらず・散にあらず、正観にあらず・邪観にあらず、有念にあらず・無念にあらず、尋常にあらず・臨終にあらず、多念にあらず・一念にあらず、ただこれ不可思議・不可説・不可称の信楽なり。たとえば阿伽陀薬のよく一切の毒を滅するがごとし。如来誓願の薬は、よく智愚の毒を滅するなり。
しかるに菩提心について二種あり。一つには竪、二つには横なり。また竪について、また二種あり。一つには竪超、二つには竪出なり。「竪超」・「竪出」は権実・顕密・大小の教に明かせり。歴劫迂回の菩提心、自力の金剛心、菩薩の大心なり。また横について、また二種あり。一つには横超、二つには横出なり。

(2)『六要鈔』第三(本)(『真宗聖教全書』2、291頁)

テキストは漢文表記であったが、書き下し、句読点は適宜補った。

「非行」等とは、問、称名念仏は既に是れ正行、又是大行なり。何ぞ「行に非ず」と云ふや。既に是れ勝善、又是大善也、何ぞ善に非ずと云ふや。
既に是れ頓教なり、何ぞ頓に非ずと云ふや。既に是れ散称なり、何ぞ散に非ずと云ふや。本より観念に非ず、何ぞ邪正を論ぜんや。既に所念あり、何ぞ有念に非ざらん。尋常・臨終共に修行の時なり、何ぞ皆非と云ふや。多念一念倶に往生を許す、何ぞ各非と云ふや。
答ふ。名号は大行大善たりといえども是れ所行の法なり。今は能信の心なり。

【大意と解釈】

香月院は、「非行非善」という言葉について、『教行信証』信巻の大信海の釈に典拠をみている。大信海について讃嘆の言葉が縷々述べられるがそこに「行にあらず、善にあらず」と出てくるのである。その註釈である『六要鈔』には念仏は大行ではあるのになぜ非行というのかという問いを出し、そこで「所行能信」という言葉をもって説明している。曽我量深の『歎異抄聴記』で複雑な議論がされており、文庫版の巻末の語中にも詳しいが、香月院の註釈を読むとそれほど複雑ではないように思われる。香月院は『六要鈔』のこころは「信巻」の信心を明すから信心であって行ではないという。「行者のために」という処が肝要であるといわれるのは、『歎異抄』とその典拠である『教行信証』の大信海を讃嘆する釈は、「信巻」であるので「能信」の立場で語られているといことである。「行ぜられる」(所行)として念仏をみる場合は、それに先立つ「行巻」のテーマになる。

もう少しかみくだくと「行巻」は念仏が如来の大行であることが説かれ、「信巻」はそれを受け取る我々が問題となっている。こう考えてみるとあくまで「我」の立場からしかものを見れないという所に厳密に立って「信巻」を別に立てたということになるのであろう。
我々が「信じる」(能信)から念仏を見る場合は「信巻」のテーマであり、讃嘆ということは、否定の言葉を重ねてしか表現できないとする。そして否定の言葉が「讃嘆の言葉になるのである」と香月院は言い切る。「行者の自力の不回向は如来の他力回向なのだ」として「信」と「行」をつないでいく。

【香月院の譬喩】

香月院の面白い譬喩があげられている。信心は行ではないが讃嘆であるというのだ。
「あれは白いものであり、黒いものではない」ということは讃嘆ではない。
「向こうを跳んでいるのは烏であり、鳶ではない」という言葉は体をあらわすことばで讃嘆ではない。この二つの譬喩は、どちらも肯定を表す言葉が先にあるが、それは体をあらわすことだけで、讃嘆にならないということではないだろうか。たとえば「こちらは仏であり、凡夫ではない」というのは讃嘆ではなく、体を表すだけであるという意味であろう。讃嘆とは「仏は世間でははかれない」という行者のものさしが否定されるということでしか表現できないのだ。するとその信心が讃嘆になり念仏につながる。なかなか難しいので講究が必要である。

【列座による講究】

○当然比叡山での20年にわたる修行と法然上人のもとで念仏にであったことをふまえて、念仏は行者のために非行非善といっているのであろう。

○讃嘆は五念門の讃嘆門であろう。

○香月院の比喩の白・黒は、『教行信証』の該当部分の直前に二河白道の譬喩があり、それを踏まえているのではないか。

○非行非善という語の典拠が『法号経』であり善導の著作に見せかけた『弥陀経義集』にあるという指摘が本願寺派の梯実円氏によりなされているという情報がある。

○『教行信証』の該当部分は大信海を讃嘆するのに否定の言葉を重ねているのは面白い。
また、和讃に「大心海」もでてくるが、我々からすると「大信海」、如来からすると「大心海」と使用が分けられているのではないか。

香月院の註釈スタイルにも慣れてきました。次回はこの調子で第9章に臨みたいと思います…。倍以上分量があるが、果たして列座たちは香月院についていけるのか?

2020年3月27日

「『歎異抄』に聞く」を聞く ブログ

廣河が森田輪番の法話を聞く【年頭会報告】

新年が明けて、早いものでもう4か月が過ぎようとしております。三条別院では2月28日(金)の御命日に年頭会が勤まりました。お勤めの後に、三条別院輪番森田成美より年頭の挨拶と、ご法話をいただきました。

法話の内容は、2023年に本山でお勤まりになる「宗祖親鸞聖人御誕生八百五十年・立教開宗八百年慶讃法要」のテーマ、「南無阿弥陀仏 人と生まれたことの意味をたずねていこう」を中心にお話されました。

まず初めにテーマの願いを確認されました。


私は、この地、この時に生を受けている。
このことを精いっぱい尽して生きたい。
悩み、苦しみは私に押し寄せてくる。
でもそれは「生きること」をも奪うものではない。
私の心の奥底にある「生きたい」という声に耳を澄まそう。
その時、私に届けられている声に気づく。
それは私を呼ぶ声、
南無阿弥陀仏。

仏の名(みな)を呼ぶことは、仏の呼び声を聞くこと。
その呼び声の響きの中で、
人と生まれたことの意味を仏にたずねていこう。
私に先立って生きた人たちと、
同じ今を生きる人たちと、
これから生まれてくる人たちと、
そのこと一つをともにたずねていこう。
種から芽が出て花が咲き、花は枯れても種が残りまた花を咲かすように。


慶讃テーマの詳細については下記PDFをご覧ください。

テーマの願い・趣旨

確認のあと、慶讃テーマの文言それぞれを取り上げ、味わいました。

私は、この地、この時に生を受けている。
このことを精いっぱい尽して生きたい。
悩み、苦しみは私に押し寄せてくる。
でもそれは「生きること」をも奪うものではない。

私はこの地、この時、「今此処」に生きている。「今此処」ということが大事だと言われ、ここの文言に連関するものとしてアンパンマンの歌を紹介されました。

そうだ!うれしいんだ いきるよろこび たとえ むねのきずがいたんでも(アンパンマンのマーチ・やなせたかし)

そうだのあとにはビックリマーク「!」が持っている歌詞には書かれているそうで、このビックリマークには気づきが表されていると受け止められているそうです。どのような気づきか。悩みや苦しみが押し寄せてくるとそちらのほうに心を奪われて、生きていること自体が切なくなる。けれども、生きてあることそれ自体がうれしいこと、生きる喜びなのであり、それに気づくことなのだと言われました。

廣河も小さいときからこの「アンパンマンのマーチ」に親しんできましたが、あらためて歌詞を見て考えてみると、この「アンパンマンのマーチ」の歌詞にはいのちの根源の問いをアンパンマンを通して私たちに呼びかけているのだと考えることができます。普段は何気なく、生きるとか死ぬとか気にせずに生活しているのが私です。また、過去のことに執着してうじうじしたり、未来のことを思ってどうしましょうと不安に思ったりもする。しかし思うに、過去でも未来でもなく、「今此処」を生きていることの自覚。その気づきが「そうだ!」という言葉となり、悩み苦しみがひしめき、時には胸の傷が痛むこの世界で、それでも生きていこう、生きたいという意欲につながるのではないかと思います。アンパンマンすごい。

私の心の奥底にある「生きたい」という声に耳を澄まそう。
その時、私に届けられている声に気づく。

それは私を呼ぶ声、南無阿弥陀仏。

仏の名(みな)を呼ぶことは、仏の呼び声を聞くこと。

その呼び声の響きの中で、
人と生まれたことの意味を仏にたずねていこう。

続けて、三条別院境内地内にある松葉幼稚園の園児たちに向けてお話したことも紹介していただきました。

私たち、息をしようと思って息してる人はまずいません。だから、意識して息を止めてみると、当然苦しい。普段は無意識に息を吸って、吐いてを繰り返しやって呼吸しているから生きている。では、心臓、脈というのは、意識して止められるものなのか?当然無理です。当たり前と思うかもしれません。しかし、私たちが、意識を超えたところのはたらきによって生かされているということが、そういったところでも言えると話されました。生かされているこの身の底に、「生きたい」という声が確かにある。その声が、私を呼ぶ声、「南無阿弥陀仏」であると、慶讃テーマでも言われておりますね。

続けて、南無阿弥陀仏の中には、私たちに先立って諸仏と成られた方も入っていると話されました。法事の際にいつもお話されているそうですが、一周忌や三回忌、七回忌でお経をいただく時、我々が法名に向かって何か事を成しているようにみえるけれども、法事は仏法の仕事、仏様のお仕事なのだと。そこで、難波別院の掲示板に書かれていた言葉を紹介していただきました。

亡き人に、迷うなと拝まれているこの私

紹介された上で、「亡き人が、迷うと拝むこの私」になっていませんか、と問いかけられました。仏法の仕事という意味では、亡き人が迷うなと手を合わせた私が、亡き人に迷うなと手を合わせられている、拝まれていることに気づくこと。そのことが、南無阿弥陀仏の中に響いていると述べられました。先立って逝かれ諸仏となった、両親、家族、親しい人に、真実に目覚め真実に生きよと願ってくださっているその願いを聞き届ける。それが南無阿弥陀仏ということでないかと。その響きの中で、人と生まれたことの意義を尋ねていく。み仏に尋ねていこう。私に先立った人たちと、諸仏となった父母、兄弟、姉妹、縁を結んだ方々、同じ今を生きる人たちと、今ご聴聞にいらっしゃっている皆さんたち、あるいは家に帰れば、子や孫、曾孫と、これから生まれてくる人たちと、まだ遇っていない、これからのいのちと、そのこと一つを訪ねていこう。

私に先立って生きた人たちと、
同じ今を生きる人たちと、
これから生まれてくる人たちと、
そのこと一つをともにたずねていこう。
種から芽が出て花が咲き、花は枯れても種が残りまた花を咲かすように。

ここには無量寿、量りしれないいのちの繋がりの中で、今私はここに生きていて、それを大事にしていきたいということが言われていると述べられます。

そしてまたもう一つ、幼稚園の園児たちにお話されたことを紹介していただきました。

私たちには一人ひとり、お父さんとお母さんがいます。そしてお父さんにもお父さんとお母さん(おじいちゃんとおばあちゃん)がいます。そしておじいちゃんおばあちゃんにもお父さんとお母さん(ひいおじいちゃんとひいおばあちゃん)がいます。そうすると、ひいおじいちゃんひいおばあちゃんだけでも8人いることになります。そして、この中の誰か1人でもいなかったら、縁がなかったら私たちはここにはいない。また、その8人のひいおじいちゃんひいおばあちゃんの中で、お顔やお声も、聞いたことがないという人もいることでしょう。しかし、その人たちがおられて、私たちはこうしてここにいる。そういう不思議にも連続無窮にましまして、私まで届いたいのち、ということを大事に尋ねていく。それが人と生まれたことの意味をたずねていこうということの意味ではないかと、話されました。

慶讃法要が2023年にお勤まりになるということで、そのことを中心にお話されたことであります。前回1973年に厳修された「親鸞聖人御誕生800年・立教開宗750年慶讃法要」のテーマは「生まれた意義と生きる喜びを見つけよう」でした。今回のテーマ、「南無阿弥陀仏 人と生まれたことの意味をたずねていこう」は、言葉は違えど、念仏の教えから「ひととうまるる」ことの意味をたずねていくことに全く違いないように思います。 改めて、一人の人間として「南無阿弥陀仏」と阿弥陀仏の呼び声を聞くことの大切さが思われることであります。

 

年頭会では法話の後、例年お斎の場がありましたが、新型コロナウイルス感染症感染拡大に伴い、料理は折り詰めにし、お持ち帰りいただきました。一年に一度、世話方・講員・別院教務所職員の懇親を深める有り難い機会ではありますが、現状況下ではやむを得ない処置です。

また、今後の御命日のつどいについて、改めてご案内します。

3月28日(土)の御命日のつどいは、佐渡組淨願寺(佐渡市片野尾)住職の藤岡正典氏に『歎異抄』第八章についてお話いただく予定でしたが、法話は中止とさせていただきました。

また、4月28日(火)の御命日のつどいも、第18組永傳寺(新潟市西蒲区)住職の本多智之氏に『歎異抄』第九章についてお話いただく予定でしたが、同じく法話は中止とさせていただきました。

当日は御命日日中法要を職員のみでお勤め(内勤め)させていただきます。

既に講師と内容は決定しているため、5月に再開した場合は第十章からとなります。3月の第八章、4月の第九章については職員がホームページにて講究させていただきます。ご了承ください。

2020年3月6日

「『歎異抄』に聞く」を聞く ブログ

廣河が「『歎異抄』に聞く」を聞く -「第七章」-

久々に記事を書きました。廣河です。新型コロナウィルスの話題が嫌でも耳に入ってきますが…冷静な行動をしたいものです。色々あり代わりに『歎異抄』に聞く、聞いてもらっていましたが、今回は無事聞くことができました。廣河が「『歎異抄』に聞く」を聞く、第19回目です。1月28日(火)に宗祖御命日日中法要が勤められました。その後の御命日のつどいでは、『歎異抄』をテーマに、第一章から順にご法話を頂いています。今回はなななんと!三条別院職員、列座の小原暁に、『歎異抄』「第七章」を主題にご法話頂きました。

子煩悩列座、小原暁。このとき、何故だか変な汗が止まらなかったそうです。

『歎異抄』第七章
【本文】

一 念仏者は無碍の一道なり。そのいわれいかんとならば、信心の行者には、天神地祇も敬伏し、魔界外道も障碍することなし。罪悪も業報を感ずることあたわず、諸善もおよぶことなきゆえに、無碍の一道なりと云々
【意訳】

念仏者は、何ものにも妨げられることのない、ひとすじの大道を歩むものである。その理由は、他力の信心をいただいて念仏申す者には、天の神・地の神も敬い平伏し、人間の生き方を妨げ悩ますものや、本願力によらないで救済されると考えるすべての思想も妨げとなることがない。また、自分の犯してきた過去の行いについて、善悪の報いに振り回されることがなく、他力の念仏以外のあらゆる行いも阿弥陀如来の大悲のはたらきには及ばないのであるから、無碍の一道なのであると、親鸞聖人は仰せになりました。

【語註】

天神地祇…天の神、地の神。すべての神々。

魔界…人間の生き方をさまたげ悩ますもの。

外道…仏教以外の教え。ここでは本願力のよらないで救済されると考えるすべての思想。

障碍…さわり、さまたげ。

業報…過去の行為によって受ける善悪の報い。

感ずる…過去の行為の報いが現れること。

諸善…往生、成仏のためのもろもろの善行。ここでは、他力の念仏以外のあらゆる作善。

【聞く】

『歎異抄』第七章は、我々人間の人生の歩みを脅かし、不安に満ちたものとする様々な「碍り(さわり)」について書かれています。それは、罪悪を犯せばその業報を怖れ、よい行いをすればそれに固執してやまない、人間の内にある暗い心であり、また天神地祇・魔界外道という、我々の外にあって我々を縛り脅かすものへの怖れです。しかしながら、念仏者の歩みは、内外にあって自分を縛る暗い碍りにさまたげられないものであることを顕して、「念仏者は無碍の一道なり」と、端的に力強く書かれています。

小原氏は第七章について、御自身の今の生活や、三条真宗学院生時代のときにであった人や言葉を振り返りながらお話されました。

まず、無碍とは何かというところを取り上げ、障害がないこと、邪魔するものがないことを言われた上で、その反対は有碍(うげ)であるとして、事前の告知のあったホームページの記事の言葉を借りれば翻弄であるとしました。

いわく、①妻子に翻弄される、②お寺に翻弄される、③ローンに翻弄される云々…、中々思うようには行かない日々、無碍の一道とはいえない日常だそうです。こんな私でも、無碍の一道を歩めるのだろうか…。

そこで小原氏は、『教行信証』「行巻」の言葉を引用されました。

「無碍」は、いわく、生死すなわちこれ涅槃なりと知るなり。(『真宗聖典』一九四頁)

この言葉は『華厳経』の言葉を親鸞聖人が引かれたものですが、ここに、さわりがない(無碍)というのは、生死(迷い)がそのまま覚りだとしることだ、と言われております。ちなみに「生死」というのは「しょうじ」と読み、元々は仏教語です。お釈迦様の時代のインドの言葉、サンスクリットの「サンサーラ」の訳語です。これは「輪廻」とも訳されますが、「死んでは生まれ変わること」を意味しています。そこから換言され、苦しみの人生を繰り返していく「迷い」の在り方として表現されます。また、『華厳経』の言葉と同じような表現であるとして、「正信偈」の「不断煩悩得涅槃(煩悩を断ぜずして涅槃を得るなり)」の言葉も引かれました。

迷いが覚りである、煩悩を断たずして涅槃を得る、と言われても、中々信じられないのが我々。念仏すれば救われる(念仏往生)と言われても、そんな簡単で単純なことで、本当に救われるのかと、かえって疑いの目をむけてしまうのが我々です。ではどうしたらいいのか。

小原氏は、信じること、念仏がわからんというときはどうすればいいのかと提起した上で真宗学院で恩師の話された言葉を教えてくれました。

「わからないことをごまかさないで、念仏すれば往生するっていうことは何なのか、問いとして問うていく」

ごまかさない、ということが、いかにできていないか。我々は、お念仏に、阿弥陀さまに、ごまかさずに向き合っていると言えるでしょうか。日々の生活に埋没して、忘れていないでしょうか、目を背けていないでしょうか…それを問い続けること、聞き続けることの大切さを氏は述べます。

また、小原氏が大谷派教師資格の取得のために行われる修練を受けているときに、スタッフが話された言葉も言われました。

「問いは世界を開く 答えは世界を閉ざす」

私たちは、問いがあると問い続けるけれども、答えを知るとそこで歩みをやめてしまう。まずは、念仏がわからないのであれば、わからない自分があることを自覚し、ごまかさずに問い続けることを、重ねて言われました。

さらに、浄土真宗の僧侶である安田理深氏の言葉も二つ、教えてもらいました。

「道があるだけでは、信心は不完全である。道を得た人がある、ということを信ずるのが信仰の核である。人が道を具体化する。」

道があるだけでは歩もうという気にはならない。自分が何故そこを歩みたいのか、認識するために、そこを歩いてきた人の存在を感じなければ、道を歩むことの意義がわからなくなる、と小原氏は述べます。そして、自分たちより先に無碍の一道を歩まれた、親鸞聖人や、安田理深氏、そういった人たちの教えを聞いて、問いを持ち続けることが歩みとなると言われます。

またもう一つ。

「もっともっと悩まねばなりません。人類の様々な問題が私たちに圧しかかってきているのです。安っぽい喜びと安心にひたるような信仰に逃避していることはできません。むしろそういう安っぽい信仰を打ち破っていくのが浄土真宗です。」

小原氏は、安っぽい喜びと安心にひたるような信仰とは何かを問いかけ、今回の章にある「魔界外道」に連関させ、人の生活をある時は勇気づけ、ある時は悩ませ惑わすものへの信仰を話されました。つまり、普段の生活の中で、例えば天気予報の最後の血液型占いが気になってしまったり、例えば厄除けの祈願(無病息災、家内安全など)をしたり、加持祈禱、占いに一喜一憂などなど…。それらは信仰といっても、時と場合、人によって受け取り方は変わってきますから、無常であり、真実でないのです。そういった、「魔界外道」ということを打ち破っていくことが浄土真宗であり、無碍の一道を歩む人の志願ではないかと言われ、締めくくられました。

 

多くの御参詣。駐在の髙田さん他、小原さんの勇姿を見に真宗学院卒業生も拝聴に。

2月28日(金)の御命日のつどいでは、年頭会が勤まりました。詳細は改めて新しい記事で報告します。

また、3月28日(土)の御命日のつどいでは、佐渡組淨願寺(佐渡市片野尾)住職の藤岡正典氏に『歎異抄』第八章についてお話いただく予定でしたが、新型コロナウィルスの感染拡大に伴う対応として、法話は中止とさせていただきました。当日は御命日日中法要を職員のみでお勤め(内勤め)させていただきます。

4月28日(火)の御命日のつどいは開催予定です。第18組永傳寺住職の本多智之氏に、『歎異抄』第九章を主題にお話いただきます。どうぞお誘い合わせの上、ご参詣ください。

2020年2月23日

「『歎異抄』に聞く」を聞く

廣河に代わり小原が「『歎異抄』に聞く」を聞く-「第六章」-

12月28日(土)、三条別院では宗祖御命日日中法要が勤まりました。

その後の御命日のつどいでは、『歎異抄』をテーマに、序文から順にご法話を頂いています。

今回は三条教区第11組長福寺(新潟県長岡市)の北島栄誠氏に、『歎異抄』「第六章」を主題にご法話頂きました。

タイトルをご覧になってお気づきの通り、今回は廣河が法務の為不在だったので、代わりに小原が「『歎異抄』に聞く」を聞いてまいりました。

長福寺、北島栄誠氏。教区内の教化委員や三条別院の報恩講実行委員に携われるなど、多岐にわたって活躍されております。

『歎異抄』「第六章」原文

-専修念仏のともがらの、わが弟子ひとの弟子、という相論のそうろうらんこと、もってのほかの子細なり。

親鸞は弟子一人ももたずそうろう。そのゆえは、わがはからいにて、ひとに念仏をもうさせそうらわばこそ、弟子にてもそうらわめ。ひとえに弥陀の御もよおしにあずかって、念仏もうしそうろうひとを、わが弟子ともうすこと、きわめたる荒涼のことなり。

つぐべき縁あればともない、はなるべき縁あれば、はなるることのあるをも、師をそむきて、ひとにつれて念仏すれば、往生すべからざるものなりなんどいうこと、不可説なり。如来よりたまわりたる信心を、わがものがおに、とりかえさんともうすにや。かえすがえすもあるべからざることなり。

自然のことわりにあいかなわば、仏恩をもしり、また師の恩をもしるべきなりと云々

現代語訳

本願他力の念仏を信奉する人びとの中で、自分の弟子だ、ひとの弟子だという争いがあるのは、もってのほかのことである。

私(親鸞)は、弟子を一人ももたない。というのは、私の工夫や努力で、ひとの「本願を信ずるこころ」を起こさせることができるならば、自分の弟子であるということもできるであろう。しかし、本願力のはたらきに促されて、本願を信ずることができたひとを、自分の弟子であるということは、とんでもないこころえ違いである。

出会うべき縁があればともに歩み、別れるべき縁があれば、別れていくこともある。そうであるのに、師に背いて、他のひとつについて念仏の教えを受けるのであれば、本願の救いを得られないなどということは、まったくの見当違いである。無限大悲に育てられ目覚めたこころを、個人的な所有物でもあるかのように、取り返そうとでもいうのであろうか。どう考えても、断じてあってはならないことである。

人間のはからいを超えた、如来の本願の大いなるはたらきとひとつになるならば、如来の恩を知ることができ、また師の恩をも頷くことができるのである。

 

【聞く】

北島氏は、第6章の文をご自身の今の生活に照らし合わせてお話しされました。今のお寺に入って今年で10年目だそうで、お寺のご門徒さんから「いい寺になった」と言われるそうです。(当日もお寺ではご門徒さんを中心に餅つきが行われていました。)しかし、年間一件ほど「檀家を辞めたい」と言ってくるご門徒さんがいるそうです。「こっちは頑張ってやっているのに」と思っても、引き止めようにもその方は覚悟を持って来るので引き止められないと言います。

そのことが、冒頭の「わが弟子ひとの弟子」という一文に通じるところがあるといいます。人間にはどうしても我執(自分のモノという執着)があるから、「私の弟子」という所有の意識は拭えません。親鸞は、人間関係は徹底して縁が織りなすという認識があります。そのことが、原文にある「つぐべき縁あればともない、はなるべき縁あれば、はなるることのあるをも」に表れているのだと思います。

仏法を聞く、仏法に遇うことはお手次寺に限らずどこでもできます。(三条別院には直参門徒はいませんが御命日のつどい、定例法話等に沢山の方が来られます。)ご門徒さんを自分のモノと執着せず、本当に仏の教えに遇って欲しいということを「わが弟子ひとの弟子…」という一文に教えられたそうです。かくいう私も「門徒(檀家)がいなければやっていけない、辞めたいなんてとんでもない」と思いましたが、話を聞いて私自身気付かなかった私の中の我執が照らし出された、そんな風に思いました。

続いて、原文中の「弟子一人ももたず」について、親鸞聖人はご自身も弟子であるということを表現しているのではないかということでした。では誰の弟子かというと、仏の弟子(仏弟子)なのです。私たち真宗門徒は仏法を聞く名告りとして「法名」を授かります。よく似たものに「戒名」があります。「戒名」は五戒(殺生しない、盗まない、嘘をつかない、お酒を飲まない、イチャイチャしない)という戒律を守っていくという名告りなのですが、それに対して、その戒律を守れない、愚かな人間であるという自覚をもって名告るのが「法名」です。そういう生き方の中で、お釈迦さまから「釈」の字を一字いただいて仏弟子の名告りとするのです。上記の五戒を守ることができる、と言い切れる人というのはそういないはずです。私たちは「さるべき業縁のもよおせば、いかなるふるまいもすべし」と『歎異抄』13章にあるように、縁があれば何でもしてしまう、それこそ縁があれば人殺ししてしまう可能性のある、「約束の守れない」私たちが救われていく道として、仏法を聞き、念仏もうす名告りとして法名をいただくわけです。私も法名をいただいてますが、自分が愚かな人間であるという自覚があるのか、仏法を聴聞し念仏もうす生活をしているのか、あらためて考えさせられる機会になりました。

さて、次回の「『歎異抄』聞く」第7章ですが…なんと、私小原が話させていただくことになりました(!?)私なんかで大丈夫なのか…不安はありますが、これも仏法を聴聞するいいご縁と思って頑張ります!

 

2020年1月4日

「『歎異抄』に聞く」を聞く

関崎が「『歎異抄』に聞く」に聞くの続報

11月28日の法話講師の安原陽二氏から、ホームページでの報告についての意見があり、追記しました。さらに安原氏からメッセージが来ましたので、さらなる講究ということで、続編を書きたいと思います。(斎木)

(前略)これにて、関﨑が「『歎異抄』に聞く」を聞く。-第五章-は終わりです。
しかし、関﨑の歎異抄に聞くは終わることはないのです。

次回の御命日のつどいは12月28日(土)、『歎異抄』「第六章」をテーマに三条教区第11組長福寺(新潟県長岡市)の北島栄誠氏よりお話頂く予定です。
どうぞお誘い合わせてお参りください。

【追記①】(ここまでが前回の追記)

12月23日に講師の安原氏より、追記執筆者(斎木)のところに、法話の内容と少し違うのではないかというラインが来ました。ということで、講師の話の攻究ということで、多方面から光をあててみたいと思いますので、斎木が聞き耳の底に残ったところを、いささか記そうと思います。

安原氏は現住職から入寺することをすすめられて仕事をやめて大谷専修学院にはいり、卒業したてで、住職が宗門の要職に就き京都に住むこととなったため、いきなり法務全般を任されることとなったが、その内容はほとんど「葬儀」と「法事」であり一般的に言うと「父母の孝養」であった。しかし真宗の儀式としては親鸞聖人が『歎異抄』で父母の孝養のための念仏はしないといっている。『歎異抄』は前章の四章が聖道の慈悲は必ず行き詰り、浄土の慈悲への「かわりめ」があるという。第四章と第五章は連続しているため、「孝養父母」が行き詰り、浄土の慈悲に転じるところがただ一向に念仏するという浄土真宗の儀式となっていく…。このような流れの話に思ういますが、これは関﨑列座も安原氏の法話から聞いた御巣鷹山の日航機墜落事故の遺族の心情が変化していくところだと思います。その後座談があったのですが、みなさんなかなか浄土真宗の「救い」ということが分からないようです。わたしは皆さん、それほど行き詰まりを感じていないのではないか?ということを感じました。すでに行き詰っているというのに。また安原氏から違うという連絡が入りそうです。斎木の「『歎異抄』に聞く」を聞くは終わることはないのです。〈未完〉

【追記②安原氏からのメッセージ】(ここから今回です)

確かにそんな感じですかね。ありがとうございます。しかしながら、私が一番大切に言いたかった事は、純粋な信仰心が救いになるということです。神社や教会などご都合主義ではなく、純粋な信仰心に救われていくという単純なことなんです。神社と寺で信仰があいまいでは救われない、ということは大切ではないか。

【安原氏からのメッセージを受けて感じたこと】

純粋な信仰心とは何か?親鸞聖人は「正信偈」で「有無の見を破す」という言葉を使っていますが、死後に何らなの世界があると信じたり願ったりすることは「有見」、死んだら何もなくなるということを「無見」と仮に定義すると、神社や教会やあるいはニヒリズムのような思想は、有見か無見に陥っているということでしょうか。有見の恣意性はわかりやすそうですが、死んだら何もなくなる「無」という状況は、よく考えてみると、「無」ということを例えば「永遠の闇」など、自分がこれまで経験したこと(たとえば現実の闇)の延長線上で想定してみていることでしかありません。有見・無見ともに、自分(我)が中心にある。我を中心にしないことが阿弥陀仏に手をあわせるという意味であるならば、それが純粋な信仰ということなのでしょうか。純粋な信仰心をめぐってさらに考えていきたいです。斎木の「『歎異抄』に聞く」を聞くは終わることはないのです。〈未完〉

トップへ戻る