どんな日も、どんな時代も、そばにある。

三条教区・三条別院 | 浄土真宗 真宗大谷派
三条教区・三条別院 | 浄土真宗 真宗大谷派

ブログ
BLOG

2022年7月25日

ブログ

第15組称名寺「お経に親しむ会」同朋の会にお邪魔しました。

2022年7月20日第15組称名寺同朋の会を訪問しました。

 

称名寺(見附市)では10年前から「お経に親しむ会」が開催されてきましたが、この度同朋の会として登録をされました。

お経に親しむ会は月二回、お勤めと住職による「正信偈」のお話し、質問やお茶飲み話しが主な内容です。

この日もご門徒の佐々木さんが導師として、真宗宗歌、正信偈(同朋奉讃)のお勤め、皆さんで声を合わせて御文を拝読し恩徳讃斉唱。

ご法話の後、この日は年に二回の食事会の日で、納涼会としてお弁当をいただきながら楽しく歓談させてもらいました。

 

ご門徒の佐々木さん・大久保さんからお話しを伺いました。

 

昔、お寺の手伝いをしてもらっていた芳賀さんから「称名寺にはお経会がないから作ったらどうか」と進められて、仲間3人で立ち上げたのが会の最初でした。住職の居ない大変な時期もあったけどここに集まっている仲間が中心となって協力しながら乗り越えてきました。

今では菊井住職と一緒に、お経会や年に二回お盆と除夜の鐘の時の「竹灯籠」など、お寺にとっても町にとってもいい活動が出来てると思っています。

 

菊井住職

称名寺は門徒さんの声も住職の声も両方大切にされているところが良いところだと思いますね。どちらかに偏るとしんどくなるので、お互いの声を、こんな風にお茶やお酒を飲みながら、お弁当いただきながらあれやこれや話し合える、聞き合える関係が出来ている事がとても大事だと思います。

2022年7月25日

ブログ

本のご紹介(東本願寺)

 

著者 東舘紹見氏(大谷大学教授)

発行 東本願寺出版

発刊 2022/7/5

頁数  180頁
価格 4,400円(税込)

2022年度開催の安居次講(7/17~7/31)の内容が記載されております。

2023年2月に三条教務所で『秋安居』が開催されます。本書の内容を中心に講義されますので是非お買い求めください。

購入をご希望の方は三条教務所までご連絡ください。(0256-33-2805)

2022年7月25日

ブログ

本のご紹介(東本願寺)

 

著者 本多弘之氏(親鸞仏教センター所長・元大谷大学教授)

発行 東本願寺出版

発刊 2022/7/5

頁数  156頁
価格 4,400円(税込)

2022年度東本願寺で開催の安居本講(7/17~7/31)の内容が記載されております。

購入をご希望の方は三条教務所までご連絡ください。(TEL:0256-33-2805)

 

2022年7月25日

ブログ

本のご紹介(東本願寺)

 

著者 黒萩昌氏(北海道教区法誓寺)

発行 東本願寺出版

発刊 2022/7/15

頁数 19頁
価格 110円(税込)

お金や地位、そして家族――、頼りにしていたあらゆるものが、「老・病・死」によって間に合わなくなる私たちの人生。
その我が身の事実をごまかさず、何があっても今、生きている意味を見失わない生活とは…。
真宗門徒にとっての基礎である、ご本尊を前に教えを聞きお念仏申す、聞法生活の大切さを確かめる小冊子。

購入をご希望の方は三条教務所までご連絡ください。(TEL:0256-33-2805)

2022年7月25日

ブログ

本のご紹介(東本願寺)

 

著者 本多雅人氏(東京教区蓮光寺)

発行 東本願寺出版

発刊 2022/7/15

頁数 75頁
価格 330円(税込)

誕生はめでたく明るいもの、往生は死を連想し暗いもの――。
その認識は、仏教からみれば、逆だった!?
私たちの人生の一大事である誕生と往生について、「南無阿弥陀仏」の教えを視座に、身近な話題や現代の諸問題をとおしながら丁寧に尋ねる一冊。

購入をご希望の方は三条教務所までご連絡ください。(TEL:0256-33-2805)

トップへ戻る