どんな日も、どんな時代も、そばにある。

三条教区・三条別院|浄土真宗 真宗大谷派
三条教区・三条別院|浄土真宗 真宗大谷派

最新情報
NEWS

2022年9月3日

講演会・お知らせ

2022年度秋季声明講習会開催のご案内

開催日 2022年9月30日(金)

会 場 三条別院 旧御堂

日 程 10時~16時(受付9時20分~ ・ 開会式9時45分~)

講 師 泉 康夫 氏 (本山 堂衆)

内 容 『同朋奉讃』・『御文』

対 象 僧侶

参加費 500円(研修冥加金)

申込み 下記QRコードを読み取ってお申し込みください。

締 切 2022年9月22日(木)

問合せ 三条教務所(担当 水野)  ℡:0256-33-2805

 

本講習会は教師陞補に必要な受講証が発行される講習会です。聴講のみのご参加も可能です。

本講習会は新型コロナウイルス対策の一環として参加人数の把握をさせていただきます。また、旧御堂で開催するため、先着60名で締め切りさせていただきます。お申込み、講習会の詳細につきましては下記チラシをご覧ください。

 

秋季声明講習会チラシ

 

 

← 申し込み用QRコード

2022年8月22日

講演会・お知らせ

真宗本廟御正忌団体参拝について~坂東曲に遇う~

本年も11月21日~28日まで真宗本廟(東本願寺)にて、御正忌報恩講が厳修されます。新型ウイルスの影響により中止となっていた別院団体参拝ですが、御満座への参拝を再開できるよう、状況を注視しつつ、感染対策の徹底を念頭に置いて計画しております。

今回は移動時間短縮のため、新潟―大阪間は航空機を利用します(空港までは現地集合・現地解散になります)。御本山の参拝に加え、大阪の難波別院、四天王寺等への参拝を計画しております。参加ご希望の方は申込用紙に必要事項をご記入の上、当別院までお申し込みください。皆様お誘い合わせのうえ、奮ってご参加ください。

2022年8月22日

三条別院に想う

慶讃法要三条教区お待ち受け大会に際して
石塚 亜里 氏(第15組長泉寺坊守)

▲5月29日に宗祖親鸞聖人御誕生850年・立教開宗800年慶讃法要三条教区お待ち受け大会が開催され、2023年の本山における本法要に向けての準備も始まってまいりました。今回は慶讃法要実行委員であり、教区坊守会副会長でもある石塚亜里さんに執筆をお願いしました。


私が三条別院に初めてお参りしたのは21年前、結婚後すぐの報恩講でした。「お取り越し荒れ」と呼ばれるあられが降る中、お念珠ひとつ持ってのお参りでした。

鮮やかな仏旗がはためく本堂を見上げ、外にまで響く読経の声に圧倒されつつ、いざ一歩入ると、そこは別世界でした。

まだ紋付羽織姿のお参りの方々がおられた頃です。在家から嫁いだ私にとって、見るのも聞くのも、何もかもが初めてのことでした。

ピカピカに磨き上げられた仏具の前で、雅楽と共に入堂してきた、色とりどりの法衣を着たお坊さんたちの熱気あふれるお勤めは、ただただ圧巻でした。

遠くでお勤めをする夫の背中を見つけた時には、感動や安堵や興奮が入り混じり、何か祈りにも似たような気持ちで泣いたことを覚えています。

2022年5月29日、三条別院にて三条教区宗祖親鸞聖人御誕生850年・立教開宗800年慶讃法要お待ち受け大会が勤修されました。

この度のお待ち受け大会では、私たち坊守会は報恩講と同様に新門様並びに御来賓のご接待と帰敬式受式者とスタッフのお昼のお給仕を担当させていただきました。

ご接待は多岐に渡ります。

まず掃除。部屋の中、廊下だけではなく外の草むしりを率先してくださった坊守さんがおられました。窓が得意だと言い、透き通るほど磨いてくださった坊守さんがおられました。

次に茶器の準備。柄が季節に合わないので、ご自坊から銘々皿をお貸しくださった坊守さんがおられました。使い捨てのおしぼりやおしぼり置き、懐紙をお持ち下さった坊守さんもおられました。

お茶菓子の手配。別院周辺の和菓子屋さんを探し、また、軽くつまめるもので、且つ新潟らしさがあるものを探して奔走してくださった坊守さんがおられました。

この度は50年に一度の慶讃法要お待ち受け大会ということで、多くの坊守さんが色紋付の着物で当日に臨みました。

前日準備を終え、当日本堂にて海岸輪番と集合写真(石塚 亜里 氏…右端)

あの暑い日に、新門様に冷やしたお抹茶を飲んでいただきたいと、氷を準備してもらい急いでお抹茶を立て、後堂まで走った坊守さんもおられました。

その抹茶茶碗も、もし足りなければとお持ちくださった坊守さんがおられました。見つけたゴミをそっとたもとに隠し、履物を揃える坊守さんも。

かっぽう着姿で楚々と立ち働く坊守さんは、なんと素敵だったことでしょう。

ご門徒さんやスタッフさんへ笑顔を絶やさず、くるくるとお給仕をこなす坊守さん達がおられました。

当日来られないからと、念入りにお掃除や仏具のお磨きをされた坊守さんもおられました。

私たちは、お預かりするお寺での、各々の日々の動きを精いっぱい発揮させて頂きました。貴いご縁を頂戴し、ありがとうございました。

坊守会役員の任期はあと1年。この秋の報恩講が、任期中としても、また三条教区としても最後のお勤めになります。多くの皆さんと力を合わせてお勤めしたいと思います。

石塚 亜里 氏(第15組長泉寺坊守)


○次回の「三条別院に想う」は、

風間 正喜 氏
(第19組 満願寺門徒、庭講代表)

よりご執筆いただきます

▲三条別院の庭講の代表を務められ、また報恩講実行委員参拝部の委員もお願いしていた大泉三郎氏が6月30日にお亡くなりになりました。次回は大泉さんの後任として庭講代表を引き受けていただいた風間正喜氏より執筆いただきます。

2022年8月13日

講演会・お知らせ

朝の人生講座2022

今年の朝の人生講座のテーマは生老病死の「死」。講師が人生で出遇った自身や他の人の「死」についてお話しいただきます。今年も「夏の御文」拝読に併せ四日間の拝読となり、それぞれ五十代、六十代、七十代、八十代の法話講師からお話しいただきます。死がこれまで以上に身近に感じられる昨今の世相だからこそ、共に考えてみたいテーマです。

なお、昨年より法話の時間を30分から40分程度とし、質疑を30分ほどとっております。

◇日時 8月18日(木)~21日(日)
午前6時 晨朝 夏の御文拝読
午前6時30分 人生講座
引き続き 質疑応答
◇会場 三条別院本堂
◇講師
8月18日(木)
白鳥 道子 氏(三条市 本龍寺)(50代僧侶)
8月19日(金)
多田 修 氏(新潟市 照覺寺)(60代僧侶)
8月20日(土)
山代 英世 氏(新潟市 淨泉寺)(70代僧侶)
8月21日(日)
春日 順一 氏(長岡市 西樂寺)(80代僧侶)
▲今年も中央商店街のコロネットとコラボしたオリジナルパンと牛乳を配布します。

▲市役所の「共食事業」との協力も再開します。

2022年8月1日

講演会・お知らせ

教区坊守研修会のご案内

『私の話 死にたいと言われたら』

 

 

三条教区坊守会では年2回の研修会(三条教区坊守会主催1回・三条教区教化委員会坊守研修会部門主催1回)を開催しております。

今回の研修会は高田教区の梅澤未有さんを講師としてお招きし、お寺に住む私たちにとって距離の近い存在である「死」についてお話していただきたいと思います。

諸事情で三条別院へ足をはこぶことが難しい方、今回もZOOMで参加することが可能でございますので是非お申し込みください。

日程中、保育スタッフによる保育室も設けますのでお気軽にご利用ください。

皆様方のご参加をお待ちしております。

 

日 時  2022年9月16日(金)13時~16時20分(受付開始12時30分)

会 場  三条別院本堂

講 師  梅澤 未有 氏(高田教区第1組光照寺坊守)

講 題  「私の話 死にたいと言われたら」

対 象  坊守・前坊守・准坊守・若坊守

持ち物  真宗聖典、勤行本、念珠、坊守章(お持ちの方)、筆記用具

参加費  500円

申 込

8月31日(水)までに各組坊守会長へお申込みください

8月31日(水)までに下記QRコードを読み取ってお申し込みください

8月31日(水)までに mizuno_kazumichi@higashihonganji.or.jp まで直接お申し込みください。

※ZOOM参加希望の方は②③の方法で必ずお申し込みください。

※保育室を利用される方は、お申し込みの際にその旨をご記入ください。

問合せ  三条教務所(担当:水野)TEL:0256-33-2805

 

お申込み後、やむを得ずキャンセルされる場合はお早めにご連絡ください。当日のキャンセルは、準備の都合上、参加費を徴収させていただきますので、予めご了承ください。

 

詳細は下記チラシをご覧ください。

教区坊守研修会チラシ(表)

教区坊守研修会チラシ(裏)

 

← 申し込み用QRコード(ZOOM参加者のみ)

 

 

坊守登録はしておりますでしょうか? 詳細はこちら →  坊守登録について

トップへ戻る