どんな日も、どんな時代も、そばにある。

三条教区・三条別院 | 浄土真宗 真宗大谷派
三条教区・三条別院 | 浄土真宗 真宗大谷派

ブログ
BLOG

2009年9月6日

ブログ

2008年度 新潟地区女性研修会報告

2009年5月20日(木)、五泉の浄林寺様に於いて、2008年度新潟県地区女性研修会が行われました。
この日は晴れており68名が参加しました。
浄林寺のご住職は
「このお寺には良寛でなく、貞心尼の木の札があり
 また、法蔵菩薩 五劫思権像(おうにも救い難い凡夫をどう救おうと考えている姿)を寄贈いただい
 てある。そしてこのような法話の場となって、大変嬉しい」
と熱く語ってくださいました。
その熱い思いに心打たれました。
快く会場を引き受けてくださいました浄林寺様、本当にありがとうございました。
心よりお礼申し上げます。
講師に教区駐在教導の森恵成氏を迎え、「宗祖親鸞聖人に学ぶ」と題してお話くださいました。
まず、冒頭に「三帰依文」を唱えますが、明治前半に宗派を超えて三帰依文が作られたそうです。
この文を宣言ととらえるか、私たちの歩みをうながすように読むかで
まったく違ったものとなるとお話くださいました。
それから、
「新潟日報では、五木寛之の『親鸞』が連載中だが
 親鸞の残した言葉、大切にされた言葉を見ていきたい」とお話くださいました。

2009年3月21日

ブログ

2008年度 教区女性研修会

2008年度 教区女性研修会報告
 3月16日(月)、三条教区同朋会館に於いて、講師に高山教区、不遠寺住職の四衢亮(よつつじあきら)氏を迎え、講題「御遠忌を迎えるこころ~宗祖としての親鸞聖人に遇う」でお話いただきました。
 『「宗祖」の宗(ムネ)は、中心、要、といった意味を持ち、漢字が日本にきて、体の中心を「胸」、家の中心を「棟」、そして、もう一つ別のムネ、「道を以って宗と為す」という「宗」があった。それは、人が人として歩く道をあらわしていた。
 つまり、「宗祖」とは、ただ浄土真宗を開かれた人というだけでなく、人として生まれ、人として生きる意味を問い尋ねて生きた人である。このことに於いて人たりえるということを、答えでなく、問い続けられた人として、仰がれ、親しまれた。そして、我々に問いかけて、残してくれた。
 年に一度の報恩講は、日常の忙しさにかまけている中、あらためて、かろうじて、自分自身に向きあい、確かめ、その恩に問い尋ねる機会なのだ。年忌は、50年に一度。つまり、一生に一度、人生をあげて問い聞くのが、御遠忌なのだ。今、ここに生きている。私にうなずき、生きていく。
 750回御遠忌。飢饉の年も、戦争の年も、報恩講、御遠忌を営まれてきた。』
 四衢氏のお話を聞き、参加された方は、それぞれ、宗祖親鸞聖人に遇い、本当に自分を生きていきたいという願いに気づき、道を歩まれることでしょう。
750回御遠忌が、ひとり、ひとりが、宗祖親鸞聖人に出遇われる御遠忌となることをねがいます。
 四衢先生、遠路ありがとうございました。

2008年11月4日

ブログ

2008年度 長岡地区女性研修会

 去る、10/30(木)、第15組の廣圓寺様を会場に長岡地区女性研修会が、行われました。森 惠成氏(教区駐在教導)を講師に迎え、「宗祖親鸞聖人に学ぶ」と題して、お話しいただきました。
 御絵伝にみられる宗祖としての親鸞と、人の生きる上で、悩み、悩み抜く人間としての親鸞を対比して、私たちに、語ってくださいました。政治・経済・社会の混乱した今という時代だからこそ、親鸞なのだ、と五木寛之の日報に連載中の「親鸞」を取り上げて、お話下さいました。親鸞聖人は、長い年月を経て、今、私たちに語りかけていると感じました。
 班別座談会では、「いつから人間になるのか」の問いかけに、意見を出し合いました。
 お話の始めに、三帰依文の全文を、皆で唱和したことは、新鮮でした。
 講師の森先生、ありがとうございました。
 会場を、快く引き受けていただいた、廣圓寺様、お世話になりました。ありがとうございました。
 2011年に宗祖親鸞聖人の七百五十回御遠忌を迎えるにあたり、三年間通して学んでいきたいと思います。

2008年9月21日

ブログ

田んぼアートでいも煮会 報告

先日、告知させていただいたとおり9月15日に「田んぼアートでいも煮会」を開催いたしました。
当日は天候にも恵まれ、また大勢の方々のご協力もあり、無事稲刈りを終えることが出来ました。
池浦の晴耕雨読の会の皆様、当日お手伝いいただいた皆様、誠にありがとうございました。
田んぼアート 稲刈り
見事に黄金色の穂が実りました。
田んぼアート稲刈り2
流石に地元の方は慣れていらっしゃいました。
それに比べて寺院方は・・・(笑)
芋煮会
お昼は一緒にいも煮を頂きました。
大勢での食事は美味しいですね。

2008年9月3日

ブログ

第34回教区推進員総会・研修会おわる

去る8月23日~24日の2日間の日程で三条同朋会館において開催された。
 参加者は51名、総会を経て、延塚知道氏による中身の濃い講義、それを踏まえた夜の座談会がもたれた。
 総会では、事業報告・計画(案)と決算報告・予算(案)が承認決定された。
 また、本年は役員改選の年にあたり、(任期2011年までの3年間)次のとおり選出された。
   会 長 小岩井 孝三 (11組 興琳寺)
   副会長 丸山  敏英 (10組 受徳寺)
   副会長 渡辺  幸枝 (18組 長善寺)
   副会長 佐藤  セツ (21組 超願寺)
   会 計 上村  家助 (14組 西楽寺)
   監 事 須戸 マツイ (15組 蓮照寺)
   監 事 金巻  拾子 (23組 無為信寺)
 講義
   講題「宗祖としての親鸞聖人に遇う」
    
     (詳細については、後日、「教区通信」および「すいしん」等で報      告されます。)  DSCF0002.JPG

トップへ戻る