どんな日も、どんな時代も、そばにある。

三条別院|浄土真宗 真宗大谷派
三条別院|浄土真宗 真宗大谷派

令和6年能登半島地震 の記事一覧|三条別院|浄土真宗 真宗大谷派
NEWS

2024年5月4日

講演会・お知らせ

三条別院公開講座『となりの親鸞』ご案内
講師:中島岳志氏(東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授)

中島岳志先生にはこれまで2年にわたり、「利他」の現代的な意味と、政治テロなど混迷する現代政治とそれを引き起こしている「空気」について講義いただきました。

まわりに目を向けるととても「平和」とは言えない世の中が広がっています。

それでは、この世の中において、我々宗教者は、一体何ができるのか。

三条別院をはじめ、寺院には何が求められているのか。

3回目になる今回は、ストレートに「現代における宗教の役割」について、中島岳志先生と共に考えましょう!


【講師】中島岳志氏(東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授)
【講題】「となりの親鸞」

【日時】2024年5月18日(土)14:00~16:30
【会場】三条別院本堂(三条市本町2丁目1-57) 駐車場あり60台
聴講無料、事前申込不要。YouTubeでライブ配信も行います。

【講師プロフィール】
1975(昭和50)年生まれ。大阪府出身。インドを中心としたアジア政治と思想、近現代日本の思想について数々の著作を発表している。専門は政治学だが、研究領域は多岐にわたる。
『テロルの原点-安田善次郎暗殺事件-』(『朝日平吾の鬱屈』改題)『血盟団事件』等の著作に代表されるように、戦前の政治テロも研究対象であり、『親鸞と日本主義』のように仏教、浄土真宗にも造詣が深い。
東京工業大学 リベラルアーツ研究教育院/環境社会理工学院・社会人間科学コース教授。現代日本政治や日本思想史、インド政治などを研究。
主要な著作は、『秋葉原事件 加藤智大の軌跡』『中村屋のボース インド独立運動と近代日本のアジア主義』『インドの時代』『「リベラル保守」宣言』『思いがけず利他』ほか多数。

【日程】
14:00 開会式
14:10 講義(120分)適宜休憩
16:10 講義終了、質疑(20分)
16:30 閉会式、終了
YouTubeでライブ配信します。ぜひチャンネル登録をお願いいたします。
三条別院YouTubeチャンネル → https://www.youtube.com/channel/UCumyvXiV0EVeUGkxumQGUIw

 昨年の公開講座:2023年6月12日「日本政治はどこへ向かっているのか」(中島岳志氏)
一昨年の公開講座:2022年6月25日「利他と他力」(中島岳志氏)

【問い合わせ】真宗大谷派三条別院
TEL 0256-33-0007、E-MEIL sanjo-betsuin@wing.ocn.ne.jp

2024年3月25日

ブログ

三条別院のご案内3月号

『三条別院のご案内』2024年3月号をどうぞご覧ください。

2024年3月7日

講演会・お知らせ

2024年三条別院春彼岸会のご案内

春彼岸会を下記の通り厳修いたします。有縁の方々をお誘いあわせの上是非ご参詣下さい。
◇期 日 3月17日(日)~19日(火)
◇日程および法話講師
17日(日)午後1時30分より逮夜法要
兼 全戦争犠牲者追弔法会
法話 今泉 温資 氏(往生人舎主宰)
「戦争犠牲者は永眠してはいない
  ―武器を捨て能登半島地震の被害者の方々に救いの手を!!―」

今泉温資氏

18日(月)午前10時より永代経総経
法話 今泉 温資 氏
「水滴石を穿つ―先達の願いに生きん―」
お斎(正午)
午後1時30分より逮夜法要
法話 ひき続き 今泉 温資 氏
19日(火)午前10時より日中法要
法話 平出 文勇 氏(第6組願生寺住職)
「お下がりの信心―本の出版を通じて―」

平出文雄氏

▲本年より全戦争犠牲者追弔法会が三条別院の事業となりました。17日の逮夜法要と兼修いたします。内陣出仕・外陣出仕にてご参勤いただける方は、法要時刻の30分前(13時)までに本堂裏にお集まりください(装束 直綴・五条袈裟・白服・中啓・半装束念珠)。座次は着帖順です。
▲18日正午に、お斎を冥加金2000円にて、ご用意いたします。ご希望の方は3月11日(月)までにご連絡下さい。お斎は三条スパイス研究所と協力して開発した春の息吹を感じる精進カレー「釈迦礼弁当」です!
▲春彼岸に先立ち、3月11日(月)午後2時46分(東日本大震災発生時刻)に勿忘(わすれな)の鐘を撞きます。

▲18日・19日は三条別院建立のきっかけとなった願生寺事件を中心にお話しいただきます。『新・願生寺正鑑 ―先達の願いに生きん―』も当日販売いたします。

2024年1月27日

別院だより・三条教区通信

三条別院だより2月号をお届けします

『三条別院たより』2月号をどうぞご覧ください。

2024年1月27日

三条別院に想う

仏教の世界と一般社会との懸け橋 堀川 龍志 氏(第16組淨專寺)

▲今回は、お寺の仕事をしながら芸人「堀川ランプ」としても活躍している堀川龍志氏に執筆していただきました。


私は僧侶として新潟教区にある自坊の仕事をするかたわら、お笑い芸人としても活動している。ここ二年ほどは、だいたい二週間おきに新潟と東京を行き来しながら、僧侶と芸人二足の草鞋を履いて生活している。

真宗の寺の長男として生まれた私だが、もともとお笑いが好きで、大学進学を機に上京し、2017年から「堀川ランプ」という名前で活動し始めた。そして2022年、自坊の仕事を手伝うために新潟に戻って来て今に至る。

自坊に戻る前は一人で紙芝居形式のネタ(※お笑いの用語で「フリップ芸」という)をメインでやっており、一人芸の日本一を決めるR-1グランプリ2021では準々決勝にも進出したことがある。この経験を生かして、門徒さんの前で法話する時などは、キーワードとなる言葉や伝えたい文言を画用紙に書いておいて、それをめくりながら話を進めるという、フリップ芸ならぬ「フリップ法話」というものを考えて披露している。この形式は、門徒さん達から見やすくてわかりやすいと評判がいい上、画用紙に書いて順序を決めていく段階で自分の中の仏教思想も整理されて自身の学びにもつながっていると感じている。

芸人「堀川ランプ」 YouTubeチャンネルもあります!→堀川ランプの昆虫列伝

伝わりやすさばかりを追求していては本当の意味での真宗のお教えを理解するのに繋がらないのではというご指摘もあるかもしれないが、若い世代で寺や仏教への関心が薄まっているとささやかれている現代において「真宗の超初級入門書」のような立ち位置で今後やっていきつつ、自己の学びも深めていければと思っている。このフリップ法話を通じて、一人でも多くの人が仏道の入り口に立つきっかけが作れれば、私は嬉しいと思う。

最近、私のように僧侶をやりながら芸人をしているという人は少なくないということを知り、宗派関係なく同じくらいの世代で僧侶をやりながら芸人活動をやっている方々を集めてトークライブを行ったりした。宗派ごとの考え方や作法の差異をお互いに学び合えたというのは勿論のこと若い世代から発信していけることも沢山あるはずだからそういう事を沢山やっていきたいという話でイベントが締めくくられた。

三条別院では講演会に始まり最近では演劇まで幅広い催しを開催しており、その延長として、いつの日か芸人兼僧侶の自分だからこそできる「仏教の世界と一般社会との懸け橋」となるようなイベントを試行錯誤しながらやってみたいと思っている。

【「フリップ法話」をする堀川氏】

堀川 龍志 氏(第16組淨專寺)


○次回の「三条別院に想う」は、

西山 郷光 氏(能登教区西勝寺)

よりご執筆いただきます

▲1月1日に発生した能登半島地震により被災された方々に衷心よりお見舞い申し上げます。元駐在の西山氏が住職を勤める西勝寺(石川県珠洲市)の本堂が倒壊して煙を巻き上げる様子はテレビで何度も放送され、事務所に来られた方で西山さんの安否を心配する声も多くありました。西山さんとご家族は無事に非難されているということで、次回は現状を執筆していただけることになりました。

トップへ戻る