どんな日も、どんな時代も、そばにある。

三条教区・三条別院 | 浄土真宗 真宗大谷派
三条教区・三条別院 | 浄土真宗 真宗大谷派

ブログ

第27回法灯の集い

 12月5日~6日に長岡市郊外蓬平温泉蓬莱館福引屋で開催されました。
名うての豪雪地でもあり、心配された雪もさしたることもなく、参加者68名は2日間、高田教区浄泉寺住職、井上 円氏による「御流罪八百年–親鸞の道を行く」を聴講しました。
 聖人の法名とその生涯について話されたが、僧俗とも親がつけてくれた名前といただいた法名の違い、生前法名–仏弟子の名乗りの大切さを学びました。 交流会では聖人の雪深い越後での苦難を偲び、詩吟「親鸞聖人雪中布教の図」が詠じられ、その後、宴は大いに盛り上がった。

トップへ戻る