どんな日も、どんな時代も、そばにある。

三条教区・三条別院 | 浄土真宗 真宗大谷派
三条教区・三条別院 | 浄土真宗 真宗大谷派

講演会・お知らせ

2007年度 長岡地区女性研修会

 女性研修会のブログにおいて、2007年3月に行われた教区女性研修会からブログが更新されなかったことをお詫び申し上げます。まことに申し訳ありませんでした。以後、研修会の案内と報告をお知らせできるように努力していきます。宜しくお願いします。
 
 10月22日(月)に行われた長岡地区女性研修会の報告をします。当初、長岡地区での開催を予定していましたが、中越沖地震の影響で長岡地区での開催が難しくなり、教区同朋会館に会場を移して行われました。
 秋晴れのすがすがしい日でした。講師は19組明誓寺住職、田沢一明氏。講題は「和讃のこころ」です。この講題での話は3年目となりました。今年度は、赤い勤経集のP.105の「南無阿弥陀部をとなふれば~」ではじまる和讃六首をとりあげました。淨土和讃の現世利益和讃といわれる和讃です。「いわゆる無病息災や商売繁盛といった現世利益をうたわない浄土真宗の現世利益とは一体何か。」「自分だけの幸福を願い、それを満たすだけでは満足することがない世界がある。」親鸞聖人が和讃であらわした念仏の感動を、少し共有できたように思えた一日でした。
 田沢先生、有り難うございました。
  
 次回は、2008年3月14日(金)三条教区女性研修会を教区同朋会館にて行う予定です。講師は未定です。
 

トップへ戻る