どんな日も、どんな時代も、そばにある。

三条教区・三条別院 | 浄土真宗 真宗大谷派
三条教区・三条別院 | 浄土真宗 真宗大谷派

ブログ

【晨朝法話抜粋】コロナウイルス感染症にかかるのは鯨をみんなで捕るようなものだという『御文来意鈔』の譬え

当時このごろ、ことのほかに疫癘とてひと死去す。これさらに疫癘によりてはじめて死するにはあらず。生まれはじめしよりしてさだまれる定業なり。さのみふかくおどろくまじきことなり。(『御文』4帖目9通)

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、春彼岸をはじめとする諸法要は内勤め(職員のみでの勤行)とし、参詣は自粛していただいています。ちなみに、しんらん交流館のサイトでは、春彼岸会に出向予定であった中山善雄教学研究所研究員による法話「信心と大衆心理」の動画が配信されています。ぜひご覧ください。

さて、三条別院では平常の法要(毎朝の晨朝・おあさじ)は継続してお勤めをしており、数名の参詣者があります。参詣者には十分な距離をとっていただき、マスクの着用をお願いしています。毎日短い時間ではありますが、10分程度の法話を職員が行っております。本山でも動画の配信など、外出を控えている方への発信がはじまっておりますので、4月のはじめに行った法話の内容を試みに抄出したいと思います。斎木が担当した法話で、個人的な意見も含まれていますので、ご了承ください。

 

毎朝7時からの晨朝では、正信偈・和讃の後に、本願寺8代目の蓮如上人の御文を拝読する。御文とは蓮如上人が御門徒に記された「手紙」であるので、淡々とほとんど抑揚なく拝読するのであるが、「意味」を伝えなくてはならないので、「自分が『御文』を読み込んでその意味をまず頂かなければならない」と本山の泉堂衆が読法講習会の際に厳しく繰り返された。それを実践するために、私は試行錯誤して、石川県の地方仏教書店で出版している『御文来意鈔(ひらがな版)』を発見した。そこには江戸時代の学匠慧忍が『御文』がどのような経緯で、どのような場面で、誰のために書かれたのかという伝を豊富な固有名詞と共にまとめてあり、情景を思い浮かべるのに便利である。

このたびコロナウイルス感染症拡大で、蓮如上人が記された「疫癘(えきれい)の御文」について法話で取り上げられることも多く、本山の浄土真宗ドットインフォにて法話動画配信の試みで教学研究所の研究員がそれを主題に話をしていたが、①蓮如上人が78歳の春から夏にかけて疫病が流行した時に記された御文であること、②死者が多くでて宮中での祈祷が種々行われたこと、③疫病が鎮まるように元号が延徳から明応に変わったこと(タイムリー!)が『御文来意鈔』には具体的に記されており、法話では典拠は示されなかったが、この書を参考にしているようであり、手紙が書かれた状況は少しだけ述べられていた。しかし、肝心の内容については、「蓮如上人は疫病が原因で死ぬのではなく、死の原因は生まれたことであると明言した」ということに尽きるようであり、現在の切迫した状況に応えられているかは疑問である。動画配信の試みなので文字通り試行錯誤かもしれない。
実は『御文来意鈔』では、もっと面白い譬えで具体的な人々の悩みが描かれているのでそちらを紹介して、現代の状況に対して仏教徒として一言いえることを示したい。
ちなみに蓮如上人が生きた時代は室町時代であったことに留意して、「とんでもないこと」に聞こえるかもしれないが、少し耳を傾けてほしい。
さて、『御文来意鈔』によると蓮如上人に相談した人々は「非業の死(自分の「業」=「行い」に無関係におこる死)」を恐れていたという。疫病や地震や津波で大勢の人が同時に亡くなってしまうのをみると、「自業自得」とは到底思えない。自業自得でないということは、いくら善根を積んでいた(仏教を修行していた)としてもそれが報われず仏にはなれない。疫病で死んだ人は仏にはなれず、迷いの世界を繰り返すのだという悩みだったという。それに対し、蓮如上人は、疫病で死ぬことは「非業の死」ではないという。それは「みんなが集まって鯨をとるようなものだ」という譬えを用い、結局自分の行いの結果なのだという。これはどういう意味だ???
すこし解説すると、仏教では「殺生」は重い罪であるが、食べなければ生きられない。大きい鯨はそれだけ食料になるので、大勢で協力して捕獲して食べるという殺生を行う。そして、その場所にいた者はみんな同じ罪をもっている、ということである。拡大解釈すると、食べ物を待っていた母親や子どもも、同じ罪を分かち合い、あるいは傍観していた者も、止めなかったということで同罪であろう。それ故、その報いを受けて、疫病でみんなが亡くなるというということもあるのだという。
飛躍がありとんでもないことに聞こえるので、これを現代的にいうと、「食べるためであれ殺している限りにおいて、同じように何者かに殺されるという可能性はある」ということである。当然同種に限らず、我々が殺しているのは鯨であり、我々が殺されるのはウイルスによってかもしれない。殺生という連鎖を止めない限り、この循環は続く。
さて、もう少し現在の業況において応用可能にいうと、自分がどんなに虚心に気をつけていても、環境によって不可避的に感染してしまうというものがありうる(非業の感染?)。自宅待機でも不意に訪れた来客の飛沫により感染したり、自分の大切な人が熱を出して看病したり、あるいは危険な病院に連れて行かねばならなかったり、受けねば収入が断たれるような仕事があったり、義務教育だったり、大切な友人の結婚式であったり、行きつけのスナックから営業メールが来たり…という具合である。ちなみに私事であるが私の姉は東京の足立区の調剤薬局で薬剤師をしているので「地元経済のためにスナックに行かないと」と悩んでいる私とは雲泥の差である。
ここから学ぶこと。①私たちはこれを「自分のせいではない」という。蓮如上人は「果たしてそうだろうか」という。②またさらに「ウイルスをうつす限りにおいて、同じように何者かにウイルスをうつされる可能性はある」ということである。我々はこの連鎖をとめることができるのか。外ならぬ私自身の「欲」や「無関心」やあるいは「責任感」によってさえも感染が拡大していること。そしてその連鎖をとめるためにはウイルスをうつさないという徹底的な決意をすること。たとえ「常識」に反してでも、たとえなじられようとも、たとえ自身が感染しても…。
コロナウイルス感染症の拡大の中で、仏教徒たちの発言ははじまったばかりである。(斎木)

トップへ戻る