どんな日も、どんな時代も、そばにある。

三条教区・三条別院 | 浄土真宗 真宗大谷派
三条教区・三条別院 | 浄土真宗 真宗大谷派

講演会・お知らせ

2022年春彼岸会・釈迦礼弁当について

三条別院春彼岸会を下記の通り勤修いたします。有縁の方々をお誘いあわせの上、是非ご参詣下さい。また、感染症対策として、例年より席を広く設けており、お斎会場を3会場としております。なお、19日には、例年通り、永代経総経とお斎の「釈迦礼弁当」(詳細は下記参照)をご用意いたします。

◇期 日 2022年3月18日(金)~20日(日)
◇日程および法話講師
18日(金)
午後1時30分より逮夜法要
法話 藤本 愛吉 氏(三重教区正寶寺)
19日(土)午前10時より永代経総経
法話 ひき続き 藤本 愛吉 氏
お斎(正午)
午後1時30分より逮夜法要
法話 ひき続き 藤本 愛吉 氏
20日(日)午前10時より日中法要
法話 ひき続き 藤本 愛吉 氏
▲法話のLIVE配信も行います。

▲19日正午に、お斎を冥加金2000円にて、ご用意いたします。ご希望の方は3月11日(金)までにご連絡下さい。お斎は2018年より三条スパイス研究所と協力して開発した春の息吹を感じる精進カレー「釈迦礼弁当 sha curry lunch box」です!三条別院春彼岸会の名物となるように願い創作された、オリジナルの蕗の薹カレーをはじめとする、健康で斬新な精進弁当です。限定60食となっておりますので、sanjo-betsuin@wing.ocn.ne.jpまで、氏名・住所・連絡先を記して、お早めにお申込みください。

▲春彼岸に先立ち、3月11日(金)午後2時46分(東日本大震災発生時刻)に勿忘(わすれな)の鐘を撞きます。震災後、大津波によって全壊となった岩手県陸前高田市本称寺現住職の佐々木隆道さんの「忘れないでほしい」との思いを受けて、仙台教区では「震災を心に刻み、犠牲者に思いを馳せ、今後も復興と支援の思いを繋いでいきたい」という願いのもと、土中から発見された本称寺の梵鐘とともに、全国各地、それぞれの場所で地震発生と同じ時刻に鐘をつき、法要を勤める呼びかけをしていて、三条別院でも2013年より続けています。

トップへ戻る