どんな日も、どんな時代も、そばにある。

三条教区・三条別院 | 浄土真宗 真宗大谷派
三条教区・三条別院 | 浄土真宗 真宗大谷派

ブログ

2011年度 三条教区女性研修会報告

去る3月22日(木、)三条教区同朋会館において、女性研修会の聞法会が行われました。
肌寒い風の中、59名の方に参加頂きました。
遠路、お越しいただいた 四衢 亮 氏のお話を充分お聞きするために座談会は省きました。
「韋提稀に学ぶ―思いを超えた現実と観無量寿経の救い―」という講題でお話頂きました。「王舎城の悲劇」という物語をとりあげ、韋提稀夫人の状況をふまえて、「現代の聖典」(観無量寿経を訳したもの―本山発行―)を見ながら、お話しいただきました。一国の王の夫人(妻)として、阿闍世王子の母として、「どうして、このような悪い子を生んだのか」と釈尊に愚痴を言うところから、救いの道が始まるのだと聞きました。まさに、私の為のお経だと思いました。しかし、愚痴が愚痴で終わってしまう私とは、何が違うのか。まだまだ聞法させていただきたいと思いました。

次回、新潟地区女性研修会は、5月14日(月)に第23組 無為信寺(阿賀野市下条8番21号)で行われます。こぞってご参加ください。

トップへ戻る