どんな日も、どんな時代も、そばにある。

三条教区・三条別院 | 浄土真宗 真宗大谷派
三条教区・三条別院 | 浄土真宗 真宗大谷派

ブログ

本のご紹介(東本願寺)

 

著者 東舘紹見 監修  真宗大谷派教学研究所 編

発行 東本願寺出版

発刊 2021/4/10

頁数  96頁

価格 385円(税込)

宗祖親鸞聖人が父母と慕い、和国の教主と仰いだ聖徳太子とは、いったいどのような人物なのか。聖徳太子1400回忌を迎えるいま、日本史上もっとも有名な偉人である一方その存在さえも議論の的とされてきた太子について、現代に伝わるさまざまな事績をたどり、その上で親鸞聖人が出遇った太子、そして浄土真宗のなかで伝えられてきた太子像をたずねる一冊。

親鸞聖人は聖徳太子が建立されたといわれる六角堂で夢告を受けて浄土の教えに出遇いましたが、それ以前に法隆寺や四天王寺にも向かわれていたといった内容が記載されております。浄土真宗と聖徳太子の関係性が分かりやすく説かれた一冊です。

購入をご希望の方は三条教務所までご連絡ください。(℡:0256-33-2805)

トップへ戻る