どんな日も、どんな時代も、そばにある。

三条教区・三条別院 | 浄土真宗 真宗大谷派
三条教区・三条別院 | 浄土真宗 真宗大谷派

講演会・お知らせ

新型コロナウイルス感染症への対応について(第2報)

新型コロナウイルス感染により
お亡くなりになった方々に哀悼の意を表しますとともに
発病され療養中の方々、そのご家族の方々に心よりのお見舞いと

一日も早いご回復を念じ申し上げます
また、緊迫した状況下で治療に尽力されている
関係各位に深く敬意を表させていただきます

2020 年3 月19 日 真宗大谷派(東本願寺)宗務総長 但馬 弘 メッセージ[抜粋]

 各種報道のとおり、新型コロナウイルス感染は、現在、世界的に深刻化し、日本並びに新潟県においても拡大が進んでいます。新潟県は、現在、全国47 都道府県の中9 番目に感染者の多い県となり、昨日、北海道を抜いて最多となった東京都では、都知事により「感染爆発の重大局面だ」として、強い危機感が表明されています。

 そのような中、三条教区・別院としましては、宗派の対応方針に基づき、継続して感染拡大を防止するため、次のとおり対応いたしますので、何卒ご理解とご協力をお願いいたします。なお、5 月以降の方針については、4 月末にあらためてお知らせします。また、この方針については状況に応じ随時変更する場合があります。
・ 研修等については原則中止(又は延期)とします。
・ 法要等については内勤め(職員によるお勤め)とします。
・ 諸会議については、やむを得ない場合を除いて原則中止(又は延期)とします。
・職員のマスク着用、手洗い・消毒等予防対策を徹底します。

真宗大谷派(東本願寺)の新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う対応についてはこちらをご覧ください。

三条教区・三条別院の4月/5月の行事日程については『別院たより』『教区通信』4月号をご覧ください。

トップへ戻る