どんな日も、どんな時代も、そばにある。

三条教区・三条別院 | 浄土真宗 真宗大谷派
三条教区・三条別院 | 浄土真宗 真宗大谷派

ブログ

教区女性研修会 開催報告

開催日:2022年3月9日(水)

テーマ:「『正信偈』に学ぶ~人身受け難し~」

講 題:「不断煩悩得涅槃 ―社会に関わる仏教―」

講 師:尾畑 文正氏(同朋大学名誉教授)

報 告:松原 直子(第16組 極成寺・女性研修会部門スタッフ)

 

 

3月9日に、講師に同朋大学名誉教授、元同朋大学学長でいられる尾畑文正先生をお迎えしました。

「正信偈」に学ぶ〜人身受け難し〜のテーマのもと『不断煩悩徳涅槃―社会に関わる仏教―』の講題で、お話を頂きました。

講師の尾畑文正氏

 

コロナ禍ではありましたが、会場44名、YouTubeで視聴21名、男性を含め多数の方々に参加頂きました。

先生は、最初にロシアとウクライナの戦争について、「ウクライナ人の方の命に寄り添いながら、戦争を終わりにさせないといけない」「私達の日々の苦しみ、悲しみ、心の重さ、人間関係の重さ、自分1人にとどまらずに、関係性を抜きにして成り立たない仏教」とお話しされました。

各班別座談の様子

 

午後からの座談会の後に先生は、

「世間虚仮唯仏是真(せけんこけゆいぶつぜしん)」と話され、「情報は偏ってる。私達は、情報を読み取る力をつけなきゃいけない」「真実は何か」

「与えられた情報を鵜呑みにしない」と教えて頂きました。

さまざまな情報が、錯綜している時代だからこそ、見極めなければいけないと思いました。

講義の様子

 

コロナ禍の中、そして寒い中での女性研修会でしたが、遠方からおいで頂いた尾畑先生、参加して下さった皆様、ご協力して下さった教務所の皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました。

そして、次回の女性研修会が開催される頃には、少しでも世の中が平和である事を、切に願います。

 

 

トップへ戻る