どんな日も、どんな時代も、そばにある。

三条教区・三条別院 | 浄土真宗 真宗大谷派
三条教区・三条別院 | 浄土真宗 真宗大谷派

ブログ

座談カード「DODALO」(告知版)ができました!(追記:2020年9月)

 

「共に不急の事を諍う」

 『大無量寿経』釈尊の仰せ/『真宗聖典』58頁

【解説及び出典】

お釈迦様のお勧めは、阿弥陀仏の極楽浄土を心にかけて生き生きと生きて行きなさいということでした①。しかし五濁増進の時にあって、我々はその言葉に耳を傾け受け止めることが出来ません②。火宅無常の世界と指摘されながら③、その危うさ、虚しさを感じることが出来ないのです。そして、まだ行ったこともなく、見てきた人もいない阿弥陀仏の極楽世界の素晴らしさをいくら説かれても、にわかに信じることが出来ません④。ここに煩悩に眼を障えられている人間の悲しさがあります。そのような我々にお釈迦様は、この娑婆世界とそこに生きる人間の愚かさを、そして無常の道理をまざまざと説き、露わにして下さいました⑤。この世界の、そしてそこに生きる人間の有り様ならば、我々にも頷くことが出来るはずです。「諸行無常」とは仏教の旗印です⑥。それはいたずらに焦りを促すというものではなく、今を大切にして欲しいというお釈迦様からの切実なる願いでした。そうです。私達の残された寿命は、砂時計の砂は、あとどれだけ残っているか、実は分からないはずなのです⑦。無常の道理を省みることなく、急がないでいいことに汲々としている⑧。それは悲しいことではないですかとお釈迦様は仰せになりました⑨。我々にとって、本当に急ぐべき事、必要な事は何ですか。今こそ、そのことをお寺に、三条別院に聞きに行きませんか。皆さんとご一緒に語らうことを楽しみにしています。

齊藤研氏 正樂寺(三条市)

 

 ** 註 **

①「仁者(きみ)ただ決定してこの道を尋ねて行け」とは釈尊の東岸上よりの勧めであり、目指す行く先は西岸である阿弥陀仏の極楽浄土である。「汝一心に正念にして直ちに来れ、我れよく汝を護らん」とは西岸の阿弥陀仏の喚びかけである。この二尊の意にしたがい、念仏もうし人生を生ききっていくことを親鸞聖人は明らかにされた。

②『阿弥陀経』には諸仏の仕事として、念仏衆生に対する勧信・証誠・護念・讃歎が明らかにされているが、それは五濁悪時に生きる衆生が、いかに念仏の教えを信じ難いかを反証するものである。故に『大経』には、「もしこの経を聞きて、信楽受持せること難中の難なり、これに過ぎたる難なし」と説き、また「一切世間極難信法」(『称讃浄土経』)と説かれ、親鸞聖人は、十方恒沙の諸仏は 極難信ののりをとき 五濁悪世のためにとて 証誠護念せしめたり」等と和讃に詠み込まれた。

③「火宅無常の世界」。直接には『歎異抄』「後序」に見られる文言であるが、その根拠は仏説である。『法華経』譬喩品の火宅三車の例えは特に有名であるが、大乗経典のなかで娑婆を火宅に例えたものは枚挙に暇がない。また『観経疏』二河譬にも見ることの出来る表現である。

④釈尊は『大無量寿経』上巻の途中より、極楽浄土こそ目指すべき世界であるとその素晴らしさに焦点を当てて説かれてきたが、ここ三毒段に至って一転し、「然るに世人、薄俗にして共に不急の事を諍う(『真宗聖典』五八頁)」と指摘されることとなった。「(阿弥陀仏の浄土に往き生まれなさい。真の道を求めなさい。輝く命を得ることができるのですから。)それにもかかわらず、どうして世の人々は、軽薄で俗臭くて、共に急がないでいいことを競うように必死に争っているのか」との意である。

⑤『大無量寿経』「三毒五悪段」を指す。

⑥三法印、または四法印の一つ。『涅槃経』に登場する雪山童子の聞き取った偈文が有名で、法隆寺に所蔵される玉虫厨子の壁面図柄のモチーフにもなり、古来より日本人のこころに染み入ってきた「もののあわれ」を根底から支える仏教の道理である。

⑦砂時計の下部に落ちきった砂を現在の実年齢とし、残りの寿命は時計上部にある砂の数である考えたときに、平均年齢という考え方から、残りの上部の砂の分量を推察できるように思えるが、実は出来ない。上部の砂量が隠されている状態を我々は生きているとするのが無常の感覚ではないか。

⑧不要不急の外出を控えるように呼びかけられている時勢に至って、仏教者に限らず世界人類が、本当に必要なこと、急用なこととは一体何なのかを問われていると感じる。

⑨『大無量寿経』三毒五悪段には、「如何ぞ道を求めざらん。」「哀れなるかな。甚だ傷むべし。」「痛み言うべからず。甚だ哀愍すべし。」「たとえば大火の、人の身を梵焼するがごとし。」等と悲痛の言を持って釈尊は仰せられた。この悲しみの感覚は、四門出遊の伝説として残されている世の非常を悟られた感覚や、自らの出家を留めるために開かれた大宴会における侍女達の乱痴気騒ぎに対して抱いた嫌悪感と、宴会後の朝早くに見ることになった醜悪な関係者の寝姿への感情などと同質のものである。

 


座談カード「DODALO(ドーダロー)」とは

座談。何人かが集まって、ある問題について、意見や感想を述べ合う会のことです。三条別院でも、法話を聞いた後に、座談をします。自分の考えを誰かに話してみる。他者の話に耳を傾け聞いてみる。話すことや他者の考えを聞くことを通して、自分と他者との違いを知り、自分の考えをあらためて見つめなおすことができると思います。座談の場は、他者にも自分にも出会うことのできる、とっても大切な場なんじゃないでしょうか。いつでもどこでも誰とでもが出会うことのできる座談の場が気楽に開かれていってほしい。そんなコミュニケーションツールとなるカード制作を目指しています!9月に正式版の発表を目指し、
ニシムラデザインの協力を得て
鋭意作成中です!
乞うご期待!

座談カード「DODALO」の使い方

まずは手にとってみよう!文章について考えてみよう!誰かにその考えを話してみよう!誰かの考えを聞いてみよう!法語と法話を読んでみよう!
「どうだろう」。ひとりで座談カードの文章について考えをめぐらしてみるのもよし、誰かとそれぞれの考えを話したり聞いたりするのもよしです。「正解」があるわけじゃありません。だから、その人、その人の考えや意見があっていいんです。かといって、無理に話をする必要もないし、話題が脱線したってかまわない。だとしたら、自分のおもいや、考えを話すときに大切なことって何だろう。DODALO?

集まりで使ってみる、お参りの時に持っていく、手にとってもらえるように置いておく、カードの写真を撮って自分の考えをSNSで発信してみる、などなど、この7月版の使い方は自由!こうやって使ってみるのはDODALO?試行錯誤鋭意作製中の「DODALO」です。
是非皆さんのご意見やご感想をお聞かせください。

 

追記: 7月号告知版が好評のため、今後の展開を十分に計画することになりました。

申し訳ございませんが、9月での座談カード「DODALO」の発表は延期することになりました。

ご了承くださいますようお願い申し上げます。

いましばらくお待ちください(2020年9月)

 

トップへ戻る