どんな日も、どんな時代も、そばにある。

三条教区・三条別院 | 浄土真宗 真宗大谷派
三条教区・三条別院 | 浄土真宗 真宗大谷派

ブログ

女性僧侶による助音の習礼がはじまっています

11月5日から8日まで厳修される三条別院お取り越し報恩講では、毎年5日に女性僧侶が助音(じょいん)を勤める、お取り越しお待ち受け音楽法要が勤められています。県内各地からの合唱団と女性僧侶の声で荘厳(しょうごん)される、お取り越しのはじめをかざる、華やかな法要ですので、ぜひお参りください。

 

今年の習礼(講師:永寶晴香氏、柏崎市浄敬寺)は既にはじまっておりますが、9月以降も5回の習礼(9月8日、9月28日、10月12日、10月24日、10月31日、いずれも13時から)を設けております。

本日8月30日に、2回目の習礼が行われましたので、その様子を写真にてお伝えします。

講師の永寶晴香氏。

トップへ戻る