どんな日も、どんな時代も、そばにある。

三条教区・三条別院 | 浄土真宗 真宗大谷派
三条教区・三条別院 | 浄土真宗 真宗大谷派

ブログ

お取り越し報恩講の駒札を立柱


2017年11月5日から8日まで親鸞聖人の御命日の法要である「お取り越し報恩講」が厳修されます。
10月に入りましたので、昨年三条別院書道教室(東友会)を指導いただいている木原光威先生が揮毫した駒札を、株式会社吉運堂に立柱していただきました。
今年の日程は先般HPに掲載しましたが、さらに今年は三条中央商店街がお取り越しにあわせて「中央商店街・お土産発掘ぐらんぷり」「中央商店街・名物食いだおれ選手権」を同時開催し、別院でもスタンプラリーなどを行う予定です。

報恩講の声明(しょうみょう)は僧侶の声がかれるほど激しく勤められる。

トップへ戻る