どんな日も、どんな時代も、そばにある。

三条教区・三条別院 | 浄土真宗 真宗大谷派
三条教区・三条別院 | 浄土真宗 真宗大谷派

歴史・沿革

三条別院は今から遡ること300年以上前、元禄3年(1690年)に三条の地に創立されました。越後の門徒たちの総力により、寺院の主要な七つの建物である「七堂伽藍(しちどうがらん)」を完備。「北陸で随一の寺院」と称されました。建物は二度の大火に見舞われて焼失しますが、その都度、越後と佐渡の門徒の力によって再建されてきました。

南は柏崎市から北は村上市に至るまで、450におよぶ寺院とその門徒の中心である三条別院。創立時から変わらず、人と地域に開かれた寺院として歩みを続けています。

西暦 内容
1690年8月
(元禄3年)
東本願寺三条掛所創設、浄円寺御堂が仮本堂となる
1691年7月
(元禄4年)
三条掛所輪番に長覚寺噫慶来任
1701年5月
(元禄14年)
東本願寺三条掛所本堂の普請が始まる
1703年8月
(元禄16年)
東本願寺三条掛所本堂完成 入仏式、東本願寺高田掛所創設 米山以北(米北)三条掛所管理となる
1828年11月12日
(文政11年)
三条大地震三条掛所建物全壊そのうえ類焼し残るものなし
1839年6月
(天保10年)
三条掛所再建始まる
1842年9月25日
(天保13年)
三条掛所本堂完成上棟式
1842年9月
(天保13年)
天保倹約令三条掛所鐘撞堂の金具が華美の為、撤去される
1845年8月
(弘化2年)
三条掛所の撞鐘を時の鐘として使用することを許される
1866年3月21日
(慶應2年)
越後三条御坊・宗祖600回御遠忌(~28日迄)
1870年4月14日
(明治3年)
現如一行・北海道への通行を柏崎県はじめ東北諸県で妨げられるも三条下向
1878年5月26日
(明治11年)
越後国松山・曽根・脇之町の3支校を廃し、米北小教校へ合併する
1878年9月21日
(明治11年)
明治天皇北陸御巡幸三条掛所に宿泊
1879年5月
(明治13年)
三条大火、三条別院内に臨時事務取扱所開設
1886年6月15日
(明治19年)
全国17か所(三条も含む)に相続講事務取扱所設置を決定
1888年9月27日
(明治21年)
宗制寺法を改定し、別院ならびに別格別院支院を末寺に加える。大梵鐘完成(戦争中に供出)
1896年6月5日
(明治29年)
真宗中学条例を定め、三条の他12カ所に真宗中学を設置。経費は本山
1896年8月25日
(明治29年)
各地真宗中学名称を定め、三条は真宗米北中学となる
1897年12月22日
(明治30年)
三条に教務所を設置
1899年5月4日
(明治32年)
真宗中学条例制定(全国の真宗中学を京都および東京真宗中学に統合)
1900年
(明治33年)
三条別院本堂再建起工式
1906年6月24日
(明治39年)
三条別院本堂上棟式
1908年7月3日
(明治41年)
三条別院落慶入仏式
1914年6月23日
(大正3年)
三条別院で宗祖御遠忌勤修(~7日)
1921年2月7日
(大正10年)
松葉幼稚園開設
1923年10月25日
(大正12年)
明治18年来の32の地方教務所を廃し、三条他8地方寺務所を新設
1934年
(昭和9年)
三条教区南学場夏期講習会 昭和9年より昭和18年まで毎年開催
1962年11月6日
(昭和37年)
三条別院に大谷会館完成
1964年4月18日
(昭和39年)
三条別院宗祖700回御遠忌
1978年4月15日
(昭和53年)
宗祖御誕生800年立教開宗750年慶讃法要
1988年4月
(昭和63年)
三条別院本堂修復・教区同朋会館建設工事着工
1989年3月
(平成元年)
三条別院本堂修復・教区同朋会館 完成
1989年11月
(平成元年)
三条別院本堂修復・教区同朋会館 落慶法要
トップへ戻る