三条別院|報恩講2021

2017年11月12日

お取り越し報恩講超難解スタンプラリー報告

ご報告

11月5日から8日まで、三条別院お取り越し報恩講が厳修され、8日の結願日中で無事に円成を迎えました。
現在膨大な写真を整理中で、これから徐々に報告していきますが、お取り越しに先立ち、宣伝の意味も兼ねて三条中央商店街の皆さんと協力して行った「超難解スタンプラリー」の達成者が、11月4日、お取り越しの前日に1名でましたので、とりあえず報告します。
最終的には完全達成者が3名、3つ達成で手ぬぐいをゲットした方が20名となりました。達成者第1号は大竹昌弘さん(29)。顔出しOKということだったので、本堂で森田輪番から表彰状を手渡して記念撮影させていただきました。超難解スタンプラリーの全貌は主催者ですらお取り越し報恩講前の多忙のため、一部しか明らかにできませんでしたが、それが超難解である所以なのでしょう。事務局が明らかにした一部も公開します。「超難解だから達成者が3人しかいないんだから、もっと易しくすれば?」という人もいましたが、「そもそも難しいことを簡単にしたい」というのは人間の煩悩なのではないでしょうか?足を使って歩き、コミュニケーションをもってスタンプを集めた超難解スタンプラリーの本当の記念品は「少しだけ成長した自分」と「商店街の魅力に気づいたこと」なのです!

達成者第1号は、11月4日に!お取り越し報恩講の前日に!


むさしや。東京での人気洋菓子店勤務の後、フランスで一年修行したという。


すみやの枕診断。人それぞれ、ずいぶん形が違うものです。


頭の形をこのようにはかります。


中央商店街のいいところは、これまで支えてきた人たちに加えて、若い人たちも帰ってきていることです。


キーウエストではマスターがいい意味で勝手に小松酒店とコラボした五十嵐川特別本醸造〔報恩講限定ラベル〕を使用したオリジナルカクテル。


モンツアではオリジナルカクテル三条東別院。


店を発見するのが難解なサトーズバー。


紹介しきれませんでしたが、スタンプラリーに協力していただいたのはこちらの店舗。
▲Sato`s Bar ▲弥次郎鮨 写楽 ▲BAR Monza ▲Bar Key west ▲釜焼鳥本舗おやひなや ▲ホームファッションすみや ▲ベジテーブル ▲酒商 小松酒店 ▲Bakery & Sweets Coronet ▲まちなか交流広場 ステージえんがわ ▲羽生文具店 PIPPI ▲むさしや ▲つるがや ▲ホテイヤ ▲ふれあい広場スマイル本町
完全達成者3名への記念品、東本願寺の瓦を練りこんだ「両堂湯呑」は近々本山からくる予定なので、近日中にお届けに参りたいと考えています。