どんな日も、どんな時代も、そばにある。

三条教区・三条別院 | 浄土真宗 真宗大谷派
三条教区・三条別院 | 浄土真宗 真宗大谷派

最新情報
NEWS

2018年5月27日

最新情報 行事報告

カンジヤマ・マイムが三条別院にやってきた!

5月19日(土)に三条別院公開講座が開催されました!今年の講師は、カンジヤマ・マイム代表で教育演劇学博士の藤倉健雄氏で講題は「笑って楽しむマイム芸人の仏道探求物語」。

パントマイムのコツは、①止める②分解③想像する。

顔を固定して身体だけ動かす。この動きは、女性が服を試着する時の動きとそっくりだそうです。

首の関節だけを動かす。

インドで修業したレインボーマン(阿耨多羅三藐三菩提!)にあこがれた少年時代と、パントマイム修業時代、子どもとインドに旅した話など多岐に渡ってお話しいただきました。

さっそくテンションが高い!

さすがにテンションが高い!

息子との仏跡巡り。悩みがあるとインドに行くというほどの仏教徒。

難病の少女を前にしたパントマイムは、人間という枠の中ではとてもできないということも話され、宗教とパントマイムについても考えさせられました。

師匠の永六輔とのであいの話(永六輔の六は「南無阿弥陀仏」の六字の六だそうです!)もあり、永六輔の俳句をパントマイムで演じたり(「寝返りをうてば土筆(つくし)は目の高さ」)、死をテーマにしたパントマイム「バイオリン弾き」など、身体表現を通して「人間が生きる」ということはどういうことなのかを考えさせる、普通の法話の枠にはまらない講義でした。

弟子のカンジヤマ・マイムBと、子どもが成長していく様を土筆に重ねて表現する。

悲しみと喜びと、裏腹の大道芸人、バイオリン弾き。

バイオリン弾きの表情と心情は相反する。

企画・運営をした三条別院教化審議会委員とスタッフで講師を囲む会もありました。

本寺小路の小山屋での懇親会。

モンツァでの懇親会。

これまでの公開講座では、心と仏教ということをテーマに考えてきて、身体と仏教ということでお話しいただく予定でした。予想に反して、さらに感情や教育やそもそも人間が生きるということはどういうことなのか考えさせられる2時間30分で、仏教の可能性がさらに広がる予感がありました。

 

2018年5月11日

最新情報

別院たより5月号・教区通信第129号

別院と教区の新聞「別院たより」5月号と「教区通信」第129号をお届けします。

2018年5月1日

お知らせ 最新情報

えんがわカレンダーに三条別院も入れてもらいました!

北三条駅前のステージえんがわの「えんがわカレンダー」がリニューアルということで、①歩いてめぐれる6施設&ちょっと離れた3施設のイベント情報を集約、②月に1度のえんがわオープンカフェを開催、③毎月テーマカラーを定める各施設が色でつながるイベントを開催、と計画されました。三条別院も、三条鍛冶道場、三条市立図書館、歴史民俗産業資料館、TREE、中央公民館、三条ものづくり学校、道の駅庭園の郷保内、さぎの湯しらさぎ荘と共に、参加させていただいています。4月はえんがわカフェがプレ開催で、クラシックカー展示などがありました。

4月の目玉、クラシックカーの展示。自分は車が好きなのだ!と言い張る藤井列座。

検討会議の様子①。各施設から集まってきて、情報を交わす。こんな情報量を、一枚の紙面にするのは困難では?

検討会議の様子②。左がデザイナーの関川さん。悩んでいます。右がえんがわの長野さん。

赤い旗を市役所の地域経営課の職員(左・中村さん、右・目黒さん)が張りました。今後の期待をこめてテンションがあがっています。

別院のご門徒もかけつけてくれました。クラッシックカーよりも電車に詳しい元機関士の米山氏。

三条市立図書館による移動図書館の様子。

一ノ木戸商店街のTREEがコーヒーを提供。

えんがわ職員がジュースを販売。なぜか顔出しNG。

えんがわカレンダーのデザイナーの関川夫妻がスパイス研究所のフォーを食べている様子。

昼時で非常に混んできたので、スパイス研究所で急遽水出しの手伝い。

これがリニューアルしたえんがわカレンダー。5月のテーマカラーは「赤」。

中央公民館の「赤い部屋」。ここで何が行われるのか?そうです。カラオケが行われるのです。

5月13日(日)の定例法話、永寶卓氏の「良寛の出生と出家」(13:30~14:30)も同日に行われるので、いままで以上の方がお参りに来るのでは?と思っています。引き続き諸殿拝観も行います!

本寺小路のバー・キーウエストでも、12日(土)、13日(日)にオリジナルカクテル「三条別院の赤い炎」が提供され、飲んだ方に記念品が!

いろいろな施設と協力して、三条の街が盛り上がり、別院にも多くの人が来てくれればと思います。多くの人が来る前に、こうやって既に交わりはじめていることが、大きな意味を持つ気がします。

 

 

 

2018年4月22日

お知らせ 最新情報

【職員の日常】倉庫の中身の移動。

念仏小路の拡張工事がいよいよはじまりますが、大型車が右折できるように、境内地の南西角を隅切りするので、倉庫を撤去して中の災害支援物資を移動することになりました。

たまには趣向を変えて別院職員・教務所員の日常業務の一環を紹介します。

南西角の倉庫から、本堂下の倉庫まで、高田駐在の軽トラで移動しました。一日がかりの大仕事となりました。

ミネラルウォーターも賞味期限があり、あと一年で廃棄処分となりますが、「使用するのは万が一の時なので、がんばって移動するけれど、使用しないのが一番いいことだよね」と話しながら作業しました!

体力に自信のある菅谷主計と松浦列座。

体力に自信があるが、疲れ果てる高田駐在。

体力には自信のない斎木列座。

高田の軽トラ。これで月参りもするという。

腰に爆弾を抱えた結城主事はコルセットをまいて作業。

4月になり、これから旧幼稚園舎跡の舗装工事と正門の新築工事がはじまります。

 

2018年4月22日

最新情報 行事のご案内

オリッシー舞踊公演が三条別院にやってくる!

2018年5月8日(火)19:00からNPO日印交流を盛り上げる会主催の、オリッシー舞踊公演が、三条別院本堂にて行われます!

インド東海岸に面したオリッサ地方で生まれ寺院で伝承されてきた踊りです!

ぜひ来てください。

◆チケット1000円(全席自由、電話予約当日清算 090-6943-1406、三条別院でも事前購入可能)

◆会場 三条別院本堂 〒955-0071 新潟県三条市本町2丁目1-57

1 / 4012345...最後 »
トップへ戻る