三条別院|報恩講2018

2017年11月21日

2017年三条別院お取り越し報恩講における御伝鈔拝読

お知らせ

2017年三条別院お取り越し報恩講の写真を少しづつ整理しています。
11月5日の初逮夜後には、森田輪番による『御伝鈔』(本願寺第3代覚如上人による親鸞聖人の伝記)上巻の拝読が、6日の中逮夜後には永寶晴香氏(柏崎市浄敬寺)による『御伝鈔』下巻の拝読がありました。
また、7日・8日には名和正真氏による御絵伝の絵解き法話があり、親鸞聖人の生涯について丁寧にお話しされました。

5日は御伝鈔の上巻が拝読される。


森田成美輪番による御伝鈔拝読(5日)


永寶晴香氏による御伝鈔拝読(6日)。


6日は三条声明会から1人下巻を拝読する。


下巻の第七段の拝読。さらに≪上ゲテ≫拝読する。


練り込みの様子。


名和正真氏による御絵伝の絵解き法話。


報恩講実行委員会教化部会の多田修氏が撮影された写真は膨大ですので、整理に時間がかかっていますが、これから随時法要や法話の様子などをあげていく予定です。よろしくお願いします。