どんな日も、どんな時代も、そばにある。

三条教区・三条別院 | 浄土真宗 真宗大谷派
三条教区・三条別院 | 浄土真宗 真宗大谷派

お取り越し報恩講の「お斎会議」がはじまる!
NEWS

お取り越し報恩講 最新情報

お取り越し報恩講の「お斎会議」がはじまる!

 

「野菜の天ぷらといえば、三条中央商店街だ!」

さてさて、冒頭から勝手なスローガンを掲げましたが、2018年のお取り越し報恩講のお斎では、従来より外注していた天ぷらを、昨年からお取り越し報恩講活性化プロジェクトで協力していただいている三条市本町の中央商店街のベジテーブルにお願いする計画があり、6月5日に試食会を行いました!

波乱の会議の一部を報告します。

ホウレンソウを使用したかき揚げなど、あまりであったことのないこの天ぷらは、お取り越しの新たな魅力になるはず!

本町の野菜を中心とした人気店「ベジテーブル」の白鳥さん。この不敵な笑みは、何を意味しているのか!

さつもまいも、ししとう、そしてホウレンソウと玉ねぎのかき揚げ!これは、めずらしいですね。

輪番が試食。うまい…!

教区会副議長の堀川氏も試食。うまい…!

報恩講実行委員会参拝部主査の広瀬氏と報恩講実行委員会座長・教化部会主査の安原氏も試食。様々な肩書の方々が…!

社会広報部会等で活躍する小林氏も試食。向こう側には幼稚園の調理の職員も。

思わずカメラ目線の職員。お勝手担当の方々です。

意図的にカメラ目線の列座。う、う、うまい…!

三条中央商店街との協力も2年目で、さまざまな動きがじわじわとはじまっています。

おなじみの「三条別院の辛みそ」についても、新たな展開があります。詳しくは、近日中に報告があがるかもしれません。

トップへ戻る